ジュエリー > 鑑定

カット

ダイヤモンドの形状や仕上げの状態を表す基準。ダイヤモンドの品質を規格化した4Cのひとつで、輝きを左右するカットの形や研磨状態のグレードを評価する。ダイヤモンドの四つの品質基準のうちカットだけがその評価について国際的な表示方法などの統一がとれていない。日本での評価基準はエクセレント・ベリーグッド・グッド・フェア・プアの五段階。ラウンド・ブリリアントカットと呼ばれる円形のスタイルとファンシーカットに大別され、ファンシーカットはさらに細かく分類されている。なお、カットのグレード評価はラウンド・ブリリアントカットのみで、他の形のダイヤモンドでは評価しない。

カットはプロポーション(形)とフィニッシュ(仕上げ=シンメトリー(対称性)とポリッシュ(研磨状態))を基に総合的に決定される。ダイヤモンドの輝きはカットの優劣次第だが、色の分散によるところも大きく、石の大きさに応じて面の数を増やす必要がある。どの面もその長さが0.5mm以上 3mm 以下でなければ適度な光の分散と輝きは得られないと言われている。

Cutをショッピング検索

Cutをサイト内検索

Cutを外部検索