五十音 >

巫女

巫女(みこ・ふじょ)とは神道の神職の助手的な仕事に仕える女性のこと。元々は神託を聞き、民へ告げるシャーマン的な役割であった。神前結婚式においては、玉串奉奠(たまぐしほうてん)での玉串や三々九度の御神酒を新郎新婦に手渡したり、神楽に合わせて舞を奉納するなど、神職の司式の補助としての役割を果たす。白い小袖に緋色の女袴を合わせたものが一般的な巫女装束で、長い黒髪を後でひとつに束ねているのが典型的なイメージである。未婚の若い女性が務めることが多い。

mone>>

水合わせの儀

水合わせの儀とは古来からの儀式で、新郎新婦の互いの実家の水を汲んできて、ひとつの杯に注ぎ合わせた水を飲む儀式。別々の水(環境)で育った新郎新婦が、それぞれの家風の違いを乗り越えて一つとなり、二人で新たな家庭、水、環境を築いて行けるようにとの願いが込められている。水は両家の母親が朝一番で汲んできたものを合わせるのが正式。水合わせの儀人前式神前式にて行われることが多い。

mone>>

水引

水引とは、贈答品や封筒にかける紐のこと。全面中央に結び目がある。用途に応じて用いる紐の色や本数、結び方に決まりがある。慶事や祝事には紅白の紐、弔事や不祝事には白黒の紐を使う。紅の変わりに金を、白の変わりに銀を用いたものもある。婚礼や弔事、病気見舞いなど一度きりでよいことには、ほどけない結切り(かた結び)を、入学・出産など何度あっても良いことには蝶結びを用いる。鮑(あわび、もしくはあわじとも言う)結びは、いずれにも使用できる。鶴亀や松竹梅などを形取った水引細工も作られており、慶事にはそれらを組み合わせて飾りとして用いられる。よって婚礼には紅白や紅銀、金銀の結切りもしくは鮑結びを用いる。

mone>>

見積り

結婚式・披露宴に掛かる費用を試算してもらうこと。見積りは無料で出してくれる。見積りを比較検討することで相場を知れたり、会場選びの目安にもなるので、気になる会場があれば気軽に見積りを出してもらおう。会場下見の前に招待客の人数や希望項目を概ね考えておくと良い。最初の見積りには含まれない項目もあるので、気になる演出アイテムがあれば価格や持込料を確認しておこう。会場を決めて本契約した後、何度か見積りを出してもらい内容を調整していく。

mone>>

ミディレングス

ミディレングス(midi length)とは、ふくらはぎの中央ぐらいの長さを指す。ミディはフランス語で「中間の」を意味し、英語のミドル(middle)と同義語。ミディ丈とも言う。また、フランス語で「ふくらはぎの中央部」という意味でミ・モレ・レングス、英語でミッド・カーフ・レングス(mid calf-length)ともいう。

mone>>

ミドルケーキ

ミドルケーキ(Middle Cake)とは、イギリス式のウエディングケーキの部分名称。三段式ケーキの真ん中の部分。熟成したフルーツを入れて焼いたフルーツケーキを三段に重ね、にマジパンと砂糖で作られたシュガークラフトの飾りを施し、結婚する二人を祝福する。

mone>>

ミモレ

ミモレ(mi-mollet)とは、フランス語でふくらはぎの中央ぐらいの長さを指す。ミは「真ん中の、半分の」、モレは「柔らかい、ふくらはぎ」の意。本来はふくらはぎ中ほどの丈のことだが、日本では膝が隠れる程度の丈を指す場合が多い。1970年代初期から使われるようになった。同じ名前のチーズもある。「中間の」を意味するミディレングス(midi length)、ミッド・カーフ・レングス(mid calf-length)ともいう。カーフはふくらはぎの意。

mone>>

ミュール

ミュール(mule)とは、かかと部分の覆いがなくて固定されておらず、つま先から甲を深く包むようなデザインをしている女性用の外出靴のこと。ヒールが高めのものを指す場合が多い。ラメや刺繍・ビーズ・スパンコールなどの入った装飾的で意匠を凝らしたものも多い。ミュールとはフランス語で、本来は馬とロバを掛け合わせた動物のラバのこと。

mone>>

[ 戻る ]

50on_みをショッピング検索

50on_みをサイト内検索

50on_みを外部検索