結納 > スタイル

結納

日本の伝統的な婚礼行事のしきたりで、二人が結婚の意志を公言し、婚約者として公私共に認められる「婚約式」といえる。嫁取りの代価として金品を贈り、結納品を取り交わすことで両家の関係を紡ぐ儀式でもある。結納は、契約(結)を受けてください(納)という意味が込められている。

mone>>

略式結納

正式な結納の形式は、両家で使者もしくは仲人を立てて双方の家に出向き、結納品を贈りあうものだが、最近は両家が一ヶ所に集まって結納を行う略式結納が増えている。一般的に女性の自宅や、結婚式場やホテル、レストラン、料亭の個室などで行われ、両家顔合わせ食事会と併せて略式結納を行う場合が多い。

mone>>

食事会

両家の家族が会して食事をすること。会食ともいう。仲人を立てず、結納をしない場合、両家の家族の顔合わせだけを行う際に、食事会、会食もしくは両家顔合わせと呼ぶ。結納品結納金のやり取りを簡略化した「略式結納」でも用いられる。場所はホテルや結婚式場、レストラン、あるいは新婦側の家で行われる。また、挙式披露宴を行わないカップルが、入籍の前後に両家の家族の顔合わせと親睦を目的として行う場合もある。ホテル・式場には食事会用のパッケージプランが用意されているところもある。

mone>>

顔合わせ

両家の両親・家族を引き会わせること。両家の家族が正式に顔を合わせ、自己紹介をして親睦を深めることを目的としている。顔合わせとは結納を簡略化したお食事会、会食のことを指す。婚約指輪を贈ったり婚約記念品を交換したりする。レストランや料亭、ホテルなどで会食をしながらというのが一般的。結婚準備の打ち合わせや会場の下見を兼ねる場合もある。ホテルや専門式場には「顔合わせプラン」といった名称で、個室やレストランを利用した婚約会食用のパックもある。

mone>>

結納返し

結納品のお返しのこと。頂いた結納品に対してのお礼と、これから宜しくお願いしますとの意を込めて相手に返すもの。頂いた結納品と同等か、多少控えめなものを選ぶ。和紙の色は青や緑系の色を用いることが多い。

mone>>

結納プラン

ホテルや式場などで実施している、結納用の祝い善やコース料理と個室使用料がセットになっている結納用のプランのこと。会場の下見を兼ねることができる。披露宴料理の試食ができるプランや、結納品や記念撮影のオプションを用意している会場もある。

mone>>

[ 戻る ]

結納/スタイルをショッピング検索

結納/スタイルをサイト内検索

結納/スタイルを外部検索