結納 > スタイル

結納

日本の伝統的な婚礼行事のしきたりで、二人が結婚の意志を公言し、婚約者として公私共に認められる「婚約式」といえる。嫁取りの代価として金品を贈り、結納品を取り交わすことで両家の関係を紡ぐ儀式でもある。結納は、契約(結)を受けてください(納)という意味が込められている。

結納式挙式の3~6ヶ月前の日柄の良い日の選び、できれば午前中に執り行われる。本来、使者もしくは仲人を立てて双方の家に出向き、結納品を贈りあうのが正式な結納式の形式だが、最近は両家顔合わせ食事会などとして略式結納を行ったり、結納を行わないカップルも増えている。

結納品の内容や個数は地方によりしきたりが異なるが、一般的に正式には九品目や七品目など、略式結納は五品目や三品目などと、数が多いほど正式とされ、いづれも奇数で両家同じ数を揃える。結納品は互いに白木の献上台に載せて取り交わす。また、結納品と同時に婚約指輪や時計などの婚約記念品家族書および親族書を交換する習慣がある。

結納の起源は約1,400年前の平安時代に遡る。仁徳天皇の皇太子(後の履中天皇)が羽田矢代宿禰の娘の黒媛を妃とされた際に納菜(絹織物・酒・肴)が贈られたと、日本書紀に記されており、これが結納の最古の記述とされる。室町時代になり、男性が女性の家に入る婿入り婚から、女性が男性の家に入る嫁取り婚が一般化すると共に、小笠原流などの武家礼法の諸流派によって中国の婚礼制度が取り入れられ、結納の作法が整えられる。当初は公家や武家の婚礼制度であったが、江戸時代になり富裕な商家や農家も結納の儀式を行うようになる。一般庶民へ結納が普及するのは明治時代になってからである。

結納の語源説】

1.両家が婚姻関係を結ぶための宴席で共に飲食するために、男性側から持参した酒・肴を意味する「結いのもの」が由来。

2.婚礼を申し込むと言う意味の「言い入れ」が「言納・云納(いいいれ)」となり、「結納(ゆいいれ)」と転じて、さらに「納(いれ)」をノウと読むようになったのが由来。

3.中国の「礼記」の中に、婚礼に先立って行わなければならない儀礼として、納采(のうさい)・問名(もんめい)・納吉(のうきち)・納徴(のうち ょう)・請期(せいぎ)・親迎(しんげい)の六礼がある。中でも納采は、媒酌人をもって婚姻の意思を通じさせた後に、男家から女家へ贈り物をして挨拶を行うもの。納徴は男家が嫁取りの代償として女家へ金品を贈り、婚約成立の証とするもの。これらの六礼が、日本の似通った習慣と結びつき、日本語に変化したものが結納の由来。

結納をショッピング検索

結納をサイト内検索

結納を外部検索