その他用語 > 用語

結び切り

結び切りとは、贈答品や封筒にかける紐の水引の結び方のひとつ。用途に応じて用いる紐の色や本数、結び方に決まりがあり、婚礼や弔事、病気見舞いなど一度きりでよいことには、ほどけない結び切り(かた結び)を用いる。入学・出産など何度あっても良いことには蝶結びを用いる。鮑(あわび、もしくはあわじとも言う)結びは、いずれにも使用できる。どれも全面中央に結び目を作る。慶事や祝事には紅白の紐、弔事や不祝事には白黒の紐を使う。紅の変わりに金を、白の変わりに銀を用いたものもある。

よって婚礼には「一度きりでよい」「生涯結ばれる」との意味で、紅白や紅銀、金銀の結び切りもしくは鮑結びを用いる。また慶事には、鶴亀や松竹梅などを形取った水引細工を組み合わせて飾りとして用いられる。

結び切りをショッピング検索

結び切りをサイト内検索

結び切りを外部検索