和装 > 小物

筥迫

筥迫(はこせこ)とは、女性和装の正装、打掛を着る際の用いる小物入れ。胸元の合わせに差し込まれる箱状の装飾品で、金襴(きんらん)、緞子(どんす)、羅紗(らしゃ)などの華やかな刺繍を施し、飾り房がついている。

江戸時代武家の婦人達が用いた、懐紙、鏡、紅、お香やお守りなどを入れておく和風の化粧小物入れが起源。かつては身だしなみの必需品で、実用的な意味での嫁入り道具のひとつだったが、婚礼衣裳に取り入れられることで、次第に装飾的な役割が強まり、形式的に使われるようになる。現代では、婚礼衣裳に欠かせない装飾品となっている。

筥迫をショッピング検索

筥迫をサイト内検索

筥迫を外部検索