結納 > 小道具

白木の献上台

白木の献上台とは、結納品を載せて納められる足付きの台のこと。献上台とは贈呈(献上)する品物を載せる台。献上台を用いるのは、品物を直接持って手渡すより、品物をお盆に載せてお盆ごと手渡すようにする方が丁寧な方法と考えられているため。よって、結納品を台ごと全て献上する意味があり、献上台で納められた際は献上台を返す必要はない。

結納品は関東では一つの白木の献上台に全てを載せ、関西ではそれぞれ個別の台に載せる習慣になっており、飾る結納品とセットで購入する。また、足がなく盆として使う白木の献上台のことを片木盆(へぎぼん)と呼び、目録親族書などを贈呈するときに用いられる。

白木の献上台をショッピング検索

白木の献上台をサイト内検索

白木の献上台を外部検索