結納 > 小道具

片木盆

薄い白木の板を片木(へぎ)といい、足が無く盆として使用する白木の献上台片木盆(へぎぼん)という。本来は神仏への供え物をを載せるために用いるものだが、結納において、家族書親族書受書目録などを贈呈するときに使われる。片木盆の上に目録などを載せ、広蓋(こうがい)の中に入れて袱紗(ふくさ)をかけて、両家が互いに持ち寄る。品物を直接手渡すよりも丁寧な方法であると考えられているため、結納品片木盆に載せたまま片木盆ごと相手に渡すのがしきたり。従って片木盆は相手に返す必要はない。

片木盆をショッピング検索

片木盆をサイト内検索

片木盆を外部検索