演出 > その他

アカペラ

アカペラ(a cappella)とは、イタリア語で「聖堂風の、教会風の」という意味で、無伴奏で合唱・重唱すること、またはそのための楽曲を言う。イタリア語の「a」は英語の"in"や"at"などに相当し、「cappella」は教会の意味。

mone>>

生演奏

新郎新婦の入退場や、挙式の中で歌う聖歌や賛美歌の伴奏をその場で行うこと。BGMとしてや余興生演奏を取り入れることもある。チャペルに常設してあるオルガン、エレクトーンでの演奏は挙式料に含まれることが多い。ピアノ、クラシックの重奏、ジャズ、ゴスペル、オペラ歌手など選択の幅も広い。会場備え付けのピアノや音響設備を使用する場合は、使用料が掛かるので事前に確認しておいた方が良い。

mone>>

クワイヤー

クワイヤー(Choir)とは、聖歌・賛美歌を歌う聖歌隊のこと。幅広く合唱隊のことをいう場合もあるが、本来はキリスト教聖歌隊に限定される。クワイアともいう。チャペルクワイヤーは、教会で礼拝時に賛美目的で歌われるもの。ゴスペル(福音)クワイヤーは、本来は外に向けて福音宣教目的で歌われるもの。 ソプラノ・アルト・テナー・バスの混声四部合唱や、テナー・バリトン・バスの3声にリードを加えた男性コーラスなどがある。

mone>>

弦楽四重奏

弦楽四重奏とは、4種類の弦楽器を使って演奏する音楽。ヴァイオリン属4本の楽器からなる合奏形態を指す。主に第1ヴァイオリン・第2ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの4本によって構成される。弦楽四重奏曲は一般に、複数の楽章から成り、多くは交響曲やソナタと同様、急-緩-舞-急の4楽章から成っていて、第1楽章がソナタ形式となっている。弦楽五重奏は、通常の弦楽四重奏にさらに、ヴィオラをもう1本増やした編成と、チェロをもう1本増やした編成の2種類がある。まれにコントラバスを加えた編成もある。生演奏の中でも料金は割高だが、格調高いエレガントな雰囲気が演出できる。

mone>>

[ 戻る ]

演出/その他をショッピング検索

演出/その他をサイト内検索

演出/その他を外部検索