和装 > 髪型

文金高島田

文金高島田(ぶんきんたかしまだ)とは、花嫁が白無垢打掛を着る際の代表的な日本髪。未婚女性の代表的な髪型で、髷(まげ)を一回縛る島田髷の髷の根を上げて髷を高くし、額の方へ前に出した髪の結い方で、上品で優雅な髪型とされる。

江戸時代には300種類もの髪型があり、文金高島田は元々は武家の若い女性や遊女の髪形であった。次第に花嫁の髪型として用いられるようになり、明治以降には花嫁の正装として定着していった。

文金とは、八代将軍徳川吉宗の時代に貨幣改鋳があり、その時の小判を文金と呼んでいた。男性の結髪様式の1つで髪を高く結うことを「文金風」と呼び、その髷の高さから優雅とされ、次第に女髷にも取り入れられるようになり、文金高島田に発展したとされる。針や楊枝などを髷に入れて高くしたため、針うちとも呼ばれていた。また、嫁ぐ娘のために母親が髪の中に小判を一枚忍ばせ、そのために高く結い上げられたことが文金と呼ばれる髪型の由来とも言われる。

島田髷の由来は諸説ある。

文金高島田をショッピング検索

文金高島田をサイト内検索

文金高島田を外部検索