挙式 > 神前式

巫女

巫女(みこ・ふじょ)とは神道の神職の助手的な仕事に仕える女性のこと。元々は神託を聞き、民へ告げるシャーマン的な役割であった。神前結婚式においては、玉串奉奠(たまぐしほうてん)での玉串や三々九度の御神酒を新郎新婦に手渡したり、神楽に合わせて舞を奉納するなど、神職の司式の補助としての役割を果たす。白い小袖に緋色の女袴を合わせたものが一般的な巫女装束で、長い黒髪を後でひとつに束ねているのが典型的なイメージである。未婚の若い女性が務めることが多い。

巫は「かんなぎ」と読まれるが、これは神意を伺い神託を告げることを行う「神招ぎ」から由来する。この巫に女が付いたものが巫女だが、同じ意味で巫女を「かんなぎ」とも読む。畏れ敬いを表す「御」に、女性を意味する「子」を合わせて御子、また神の子の意味で神子と書かれることもある。

巫女をショッピング検索

巫女をサイト内検索

巫女を外部検索