和装 > 種類

白無垢

白無垢(しろむく)とは、神前挙式の場合に着る白い花嫁衣裳。打掛掛下打掛の下に着る着物)、帯、足袋、小物など、全てを白一色で揃える。 角隠しまたは綿帽子を被る。白無垢挙式に着用し、披露宴では色打掛けに掛け替える。「嫁ぎ先の家風に染まる」という意味合いを持つ。

mone>>

黒引き振袖

黒地の振袖。白無垢同様に婚礼の正装で、挙式にも披露宴にも通用する。黒引き振袖は、おはしょりをあまりとらずに裾を引きずるようにして着用する。白無垢よりもその歴史は古く、かつて武家の婚礼衣裳として使われ、江戸後期から昭和初期までは一般的な花嫁衣装だった。振り袖の生地は関東では縮緬、関西は綸子が多い。昔は結婚後、振り袖の長い袂を切って留め袖にした。裾を引きずって着ることから「お引きずり」とも呼ばれる。

mone>>

打掛

打掛は、打掛小袖ともいい、和装の正装。室町時代に武家の婦人の秋から春にかけての礼服として羽織のように打ち掛けて着られていたのが由来。江戸時代に入って豪商や富裕な町家でも着られるようになり、次第に一般にも婚礼の礼服として普及し、掛下の帯つき姿の上に、打ち掛けて用いる。帯をせず、歩くときに褄(つま)をかい取らねばならないので、掻取(かいどり)とも呼ばれる。

mone>>

色打掛

色打掛には、地紋の入った色地に、赤や緑など華やかな色で鶴亀、鳳凰、松竹梅、御所車といっためでたい吉祥模様を刺繍した打掛や、織や染、白地に金糸、銀糸による刺繍や印金・箔などの技法で吉祥文様を現した施した打掛がある。

mone>>

掻取

掻取(かいどり)とは、打掛けのこと。帯もせず、歩くときに褄(つま)をかい取らねばならないので、掻取と呼ばれる。

mone>>

掛下

掛下(かけした)とは、打掛の下に着る振袖のこと。色あいは打掛の色に応じる。白地が基本だが、色打掛お色直し用の新和装ならば白以外の色地を組み合わせる場合もある。おはしょりを取らずに裾を引くように着付ける。

mone>>

色無地

色無地とは、白生地を黒以外の色で染めた模様のない着物のこと。慶事には明るく華やかな色、慶弔両用の場合は赤系以外を選ぶ。伊達衿・襦袢・帯揚・帯〆などの小物を白で統一し、帯は礼装用にすると留袖に準じ、準礼装にも着られる。白生地には、主に紋綸子・紋意匠織・縮緬を使用する。

mone>>

留袖

留袖(とめそで)とは、既婚女性の第一礼装。地色が黒のものを黒留袖、黒以外の地色のものを色留袖と呼び、いずれも同格の礼装留袖には裾と袂の下の部分だけに模様がある。主に慶事に着用されるため、裾に配される模様も吉祥文様(きっしょうもんよう)・松竹梅・鶴亀・御車など、縁起のいい柄が描かれている。また、金銀の刺繍や箔など豪華絢爛な技法が併せて施されているものもある。

mone>>

[ 戻る ]

和装/種類をショッピング検索

和装/種類をサイト内検索

和装/種類を外部検索