結納 > その他

仲人

仲人(なこうど)とは、結婚する二人の仲立ちをして、両家の間を取り持つ役。二人の良き相談役であり、指導役ともいえる。媒酌人ともいう。見合いのときは「世話人」、結納では「使者」、挙式披露宴では「媒酌人」と呼ばれる3つの役目を果たす。

世話人は二人の仲立ちをする役割。縁談の取り持ちから見合いのセッティング挙式までの段取りを手がける。使者は正式な結納において両家を往復し結納を取り仕切る役割。媒酌人は結婚式の立会人であり、誓約の証人となり、披露宴では式の報告者の役割を果たし、祝杯の発声をする。

3つの役は別の人が行なう場合もあるが、通常は世話になった先輩夫婦や上司、恩師にお願いすることが多い。最近は仲人を立てないカップルや、結納は家族だけで行い、挙式披露宴当日の媒酌人だけを果たす「頼まれ仲人(杯仲人、名誉仲人ともいう)」をお願いすることも多い。

地方によっては「ちゅうにん」と読んだり、「下づくろい」「橋かけ」「橋渡し」とも呼ぶところもある。結婚後の仲人とのつきあいは、少なくとも3年間はお中元とお歳暮を贈るのが礼儀とされる。

仲人の起源は、仁徳天皇40年(紀元352年)2月、天皇は、雌鳥(めとり)の皇女をお妃に迎え入れようと思い、異母弟の速総別尊命(はやふさわけのみこと)を仲立ちにされたという記事が日本書記に記されている。これが仲立ち=仲人という言葉が初めて記録に残っているもので、仲人の起源とされている。物語としては、申し込みを受けた雌女が遣いの速総別を好み、関係を持ってしまう。つまり、仲立ちの男性と申し込まれた女性とが結ばれてしまったという結末になる。

仲人をショッピング検索

仲人をサイト内検索

仲人を外部検索