挙式 > 神前式

三三九度

三三九度(さんさんくど)とは神前式の儀式のひとつ。小中大の盃を新郎新婦が順に酌み交わす儀式。交互に各三回ずつ、計九杯のお神酒を飲む。神前式の進行の中で祝詞奏上の後に行われる。巫女が注いだ御神酒の杯を両手で受け、最初の二口は杯に口をつけるだけで、三口目で飲み乾す。お酒が飲めない人は飲むまねだけでよい。二人の結婚を祝福して神様から御神酒を頂き、御神酒を飲むことで体の中に神様の力を取り入れる意味がある。「三献の儀」が正式名称。「誓杯の儀」「夫婦固めの杯」ともいう。

●小盃・小杯・一献目: 新郎→新婦→新郎の順
(過去)新郎新婦の二人の巡り合わせを先祖に感謝する意味が込められている。

●中盃・中杯・二献目: 新婦→新郎→新婦の順
(現在)二人で末永く力を合わせ生きていくことの意味が込められている。

●大盃・大杯・三献目: 新郎→新婦→新郎の順
(未来)一家の安泰と子孫繁栄の願いを込めている。

三三九度をショッピング検索

三三九度をサイト内検索

三三九度を外部検索