男性衣裳 > スタイル

モーニングコート

モーニングコート(morning coat)は男性の昼間の正礼装。夜間には着用されない。別名カット・アウェイ・フロックコート。へそ下あたりの短い前裾から、膝裏下あたりの後裾まで斜めにカットされた黒のジャケットが特徴的。ジャケットと共布のベストに黒とグレーのストライプか黒白小格子のパンツを着用。シャツは立襟でダブルカフスアスコットタイを合わせる。真珠または白蝶貝のカフスボタンポケットチーフは白のスリーピーク、黒の短靴、サスペンダーを使用する。

元々はフロックコートの前裾を乗馬用に切り落とし、朝の散歩服として作られたものが起源。19世紀中頃、昼間の正礼装に制定されたが、現在では過ぎ去った昔の時代衣裳で、結婚式での父親の衣裳や、叙勲や授章等で宮中に参内するときぐらいにしか使用されない。

モーニングコートの正式な着方

  • ジャケット: 黒無地のモーニングジャケット。衿先が上向きのピークド・ラペル。シングル、ノーベンツ、鼓釦一つ掛け。
  • ズボン: 黒とグレーの縞か黒白の小格子模様。裾の折り返しは無い。
  • シャツ: ウィングカラー(立襟)、ダブル(両穴)カフスシャツ。
  • ベスト: ジャケットと共地かシルバーグレイ。

モーニングコートをショッピング検索

モーニングコートをサイト内検索

モーニングコートを外部検索