ウエディングドレス > 小物

ベール

ベール(veil)とは、チュールレースなどのシースルー素材で作られた、女性の顔や頭を覆う薄い布。遮蔽や保護の目的で用いられ、装飾的にレースで縁取られることもある。ヴェールとも発音され、日本語で面紗ともいう。キリスト教会式の挙式にて花嫁衣装の必須アイテム

ベールの歴史は古くローマ時代のヨーロッパに遡り、主にキリスト教の宗教上の儀式服の一部であった。中世においては黒のドレスに白のベールが用いられていたが、白を基調とするものに変化して現代に至る。ベールは清浄のシンボルで、悪魔や悪霊から身を守る意味もある。

ベールの長さや付け方などで印象が変わる。ウエディングドレスのシルエット、挙式会場の広さや雰囲気も考慮して選びたい。正式にはベールトレーンよりも長いものを使い、挙式だけに着用し、披露宴にはベールを付けない。

顔を覆い隠すフェイスアップベールは、キリスト教会式挙式において、新婦のベールを新郎がたくし上げるフェイスアップの儀式を行うためのもの。最近人気のマリアベールは、聖母マリアが召したベールが名前の起源で、顔を隠さずにベールの端を頭の上に被せて、ほほの横にベールの端がくるように着用する。マリアベールには縁に大きな刺繍が施されていることが多く、ドレスがシンプルでも全体的にゴージャスな雰囲気を演出できる。顔を隠さないため教会式の挙式でのフェイスアップの儀式ができない。マリアベールを禁止している教会もあるので事前に確認をしておくとよい。

ベールをショッピング検索

ベールをサイト内検索

ベールを外部検索