ジュエリー > 種類

ブライダルリング

ブライダルリング(bridal ring)とは、結婚に関するリングとして婚約指輪結婚指輪の両方をさす、もしくは一本で婚約指輪結婚指輪を兼ねているリングのことをさす場合もある。

結婚の際に指輪を贈る習慣は古代ローマまでさかのぼる。昔は、婚約指輪結婚指輪の区別はなく、永遠に終わることのない円を、愛の象徴として花嫁に贈ったものだった。現在のように、エンゲージリング婚約指輪マリッジリング結婚指輪になったのは13世紀以後といわれている。ローマ法王が、結婚前に互いを良く知るべきだとして、婚約期間を奨励したことから婚約指輪が生まれたという説がある。また、西暦860年に教皇ニコラス1世が「婚約発表には婚約指輪が必要である。夫となるものは高価で経済的な犠牲を払う指輪を将来の妻に贈るべし。」という決まりを作ったのが婚約指輪の始まりだという説もある。結婚指輪婚約指輪を両方贈る習慣は19世紀に入ってからのことで、それまでは、その時代の教会が結婚と婚約のどちらを重視するかで一方のリングを贈っていた。

左手の薬指にはめる由来は幾つかの説がある。一つは左手薬指の血管が直接心臓と繋がっているいう古代エジプトの言い伝えから来ている。また、11世紀頃、教会が結婚指輪に祝福を与えるようになり、同時に結婚指輪を左手の薬指にはめる習慣が生まれたとされる説もある。西洋では指輪をはめる指によって意味を持たせる慣習があり、左手は「服従と信頼」を表し、薬指は「愛情」の印とされている。そこで薬指にはめる習慣が始まったとされる。継ぎ目のない「輪」は、永遠不滅の愛を象徴し、 結婚指輪には「誠実・貞節」の意味がある。これは配偶者への永遠の愛・誠実・貞節を約束すると同時に、神様に対しても永遠の愛・誠実・貞節を誓うことを意味している。

ブライダルリングをショッピング検索

ブライダルリングをサイト内検索

ブライダルリングを外部検索