ウエディングドレス > 装飾技法

パイピング

パイピング(piping)とは、布端の始末を処理する縫製方法のひとつ。共布または別布やバイやステープで布の端をくるみ包むこと。また、こうしてパイピング処理された布端もパイピングと呼ばれる。玉緯(たまぶち)と呼ばれることもある。

パイピングは、裏地のない服の縫い代やほつれやすい布の裾などに施し、ほつれ止めとして用いられる。本来は実用的な縫製技術だったが、襟や袖、ポケット口、ボタンホールなどに装飾的に用いられることが増えている。バイアスでパイピングした袖口をパイピングカフスと呼ぶ。他にも帽子や靴、バッグなどにも使われている。

パイピングをショッピング検索

パイピングをサイト内検索

パイピングを外部検索