ジュエリー > デザイン

ニーシングリング

1873年にドイツのヘルマン・ニーシングが創設したジュエリーブランド。ニーシング社の代表作品、ニーシングリングは、1979年のWalter Wittekによってデザインされニーシング社より発表されたセッティングテンションセッティングのことをニーシングリング(Niessing Ring)とも呼ぶ。

テンションとは張力の意味。テンションセッティングは、地金の張力を利用してダイヤモンドを留めるセッティング方法。枠に切れ込みを入れ、宝石の下部側面に溝を掘り、左右2ヶ所で宝石を挟んだデザイン。爪などの台座がなく地金だけで留めているため、宝石が空中に浮いているように見える。

宝石を留める爪がないため、あらゆる角度から光を集めれるため、ダイヤモンドの美しさを発揮できる。セッティング部分は鏡面仕上げとなっているため、ダイヤモンドの輝きが反射してより輝きが増す。

ニーシングリングは、ドイツの造形芸術学校のバウハウスの理念を継承し、美術と技術の融合を図ったデザインで、2001年には美術品として認証され、世界中の複数の美術館に展示されている。現在、芸術的著作権保護により模倣から守られている。

ニーシングリングをショッピング検索

ニーシングリングをサイト内検索

ニーシングリングを外部検索