ブーケ > 種類

ドライ加工ブーケ

ドライ加工ブーケとは、ブーケをドライフラワーにしてガラス容器に保存したもの。立体的な形で色鮮やかに保つことが可能。作り方は、新鮮な生花を乾燥剤(シリカゲル)でドライフラワーに加工して、再度ブーケにアレンジし直し、ガラス容器に入れ密封する。

通常の花を逆さに吊るして作るドライフラワーと異なり、花の色があせることなく、生花に近い風合いと質感を残すことができる。ガラス容器に入れることで湿度による劣化を防ぎ、長期保存も可能。加工期間は花の種類や季節にもよるが1ヶ月程度で完成する。加工費用は容器やブーケの大きさで変わるが1~3万円ぐらい。ドライ加工ブーケの立体感をそのまま残した形で額に飾る「3Dフレームブーケ」もある。ドライフラワー用乾燥剤が手芸店などで購入でき、ドライ加工ブーケの自作も可能。

ドライ加工ブーケをショッピング検索

ドライ加工ブーケをサイト内検索

ドライ加工ブーケを外部検索