ウエディングドレス > レース

チュールレース

チュールレース(tulle lace)とは、チュール生地の上から刺繍を施したもので、編みレースと刺繍レースを組み合わせたもの。

チュール(tulle)とは、六角形(亀甲型)・菱形の細かい網目模様をした薄手の生地。絹、綿、ナイロンなどの生地を用いてラッセル編機でレースを織りあげ、チュール地の網目を拾って刺繍を施す。

チュールはエレガントで透け感が美しく、硬くて張りのある素材と柔らかいものがある。2本の縦糸を網状に絡みあわせて六角形の穴を作る。薄手のチュールは、ベールやドレスの飾り、スカートに重ねてボリュームを出したりするのによく使われる。厚めの固いチュールは、ハードチュールと呼ばれ、ドレスのふくらみを出すパニエや、スカートの裏地と表地の中間に使われる。プチギフトをラッピングするときなどにも使われる。

チュールレースの起源は、16世紀の手製レースに始まる。当初は刺繍のない単純な六角形の編地のみであった。18世紀になり、機械編み機の登場によって、チュールレースの技術が進歩すると共に刺繍も施されるようになり、普及していった。チュールの名前はパリ郊外のチュール市に由来する。

チュールレースをショッピング検索

チュールレースをサイト内検索

チュールレースを外部検索