男性衣裳 > シャツ

スターチドブザム

スターチドブザム(starched bosom)とは、礼装用のクラッシクなドレスシャツに見られるデザインのひとつ。胸の部分(ブザム)をU字や角形に切り替えがあり、共地が重ねられディッキー(胸当て)のように見せ、普通は二重またはそれ以上の厚みがある。その部分が硬く糊付け(スターチド)されていることからこの名が付いた。日本語では二重になった部分の形がスルメに似ていることから俗に鳥賊胸(いかむね)と呼ばれる。また、硬いという意味からスティッフブザムとも呼ぶ。

スターチドブザムは、19世紀中頃に、テールコート(燕尾服)が礼装となった時、胸に勲章を付けるために、芯地を入れて糊で固めたディッキー(胸当て)を作り、よだれ掛けのようにシャツの上から首の後ろで結んで前に垂らしたものが起源。

スターチドブザムをショッピング検索

スターチドブザムをサイト内検索

スターチドブザムを外部検索