披露宴 > 料理・飲物

カトラリー

食卓用ナイフ・フォーク・スプーンなどの総称で、業界ではシルバーとも言う。カトラリーの語源は"cutlery"の綴りからも分かるように「切るもの・ナイフ類」に由来する。銀・金・ステンレスなどが使用される。

中世ヨーロッパにおいて、最も早く登場した食卓用カトラリーはナイフで、動物を仕留めるナイフなどでそのまま肉などを切り取り手で食べていた。次に来るスプーンは、早い地域では13世紀頃に記録が残る。そして、フォークが登場するのは14世紀のパスタの国イタリア。ヨーロッパの広い範囲に普及するには遠く、早くても17世紀、あるいは18世紀に入ってからのことだと思われる。

カトラリーをショッピング検索

カトラリーをサイト内検索

カトラリーを外部検索