ウエディングドレス > 装飾技法

デコラティブ

デコラティブ(decorative)とは、装飾的なという形容詞。装飾をあしらって飾り立てるといった意味に使われることが多く、装飾が多く派手なことを指す。ウエディングドレスには、フリルやレースをあしらうことでゴージャスな雰囲気になる。

mone>>

トランスペアレント

トランスペアレント(transparent)とは、英語で透明な、透き通ったという意味。レースオーガンジーシフォンなど透明感のある素材を使ったファッションを形容する言葉。その部分の肌が透けて見えるデザイン。最近は、透けて見えるという意味のシースルー(see through)という表現もある。

mone>>

仮縫い

仮縫いとは、細部の調整をするために本縫いの前に行う過程のこと。最初はシーチング(比較的粗く平織にした綿布)などの仮の生地を裁断し、しつけ糸だけで仮に縫い合わせた服を試着してみることにより、着用者の体型による補正、サイズの確認、デザイン補正などを行なう。2度目は、本番の生地を使って仮縫いした服を再度試着し、補正の確認をする。これを本仮縫いという。

mone>>

ギャザー

ギャザーとは寄せる、集める、縮めるという意味。ギャザーとは、布の一端のみを縫い縮めてひだを作る技法のこと。またはそのひだ自体を指す。ギャザーは、ウエスト、切替え下、袖口、襟刳などに扱われる。タックやプリーツはひとつひとつの折りをしっかり出しているのに対し、ギャザーは、単に布を縫い縮めているだけなので、折り皺が途中で消える。ギャザーはヒダの幅や山が小さく、ふんわりとやわらかく華やかな表情が出る。

mone>>

プリーツ

プリーツ(pleat)とは、布を折り畳み襞(ひだ)を作る技法のひとつ。規則的に畳み込んだ布の一部を固定し、衣服に運動性を持たせたり、立体的に装飾するために用いられる。ひだそのものを指すこともある。

mone>>

シャーリング

シャーリング(shirring)とは、適度な間隔を開けて何段かにミシンで布を縫い、下糸を引っ張ってギャザーを寄せる技法。立体的な陰影をつくる装飾的な技法で優雅な雰囲気が出せる。「シャー」とは、ひだをつけるという意味。下糸にゴムを使うこともある。

mone>>

パイピング

パイピング(piping)とは、布端の始末を処理する縫製方法のひとつ。共布または別布やバイやステープで布の端をくるみ包むこと。また、こうしてパイピング処理された布端もパイピングと呼ばれる。玉緯(たまぶち)と呼ばれることもある。

mone>>

フリンジ

フリンジ(fringe)とは房状の縁飾りのこと。紐や糸を束ねて付けたり、布端の地糸をほぐして寸本ずつ結んで房状にしたもの。フリンジは縁、末端、房などの意味。ラテン語のフィムブリアが語源。

mone>>

ラッフル

ラッフル(ruffle)とは、襞飾り(ひだかざり)のこと。ギャザーフレアーを入れたり、プリーツを畳んだりして、ひらひらと波打たせたもので、ドレスやブラウスなどの襟元や袖口などの布端や、ヨークという切り替え布の下布に見られる装飾。フリルと同じ意味だが、一般的にフリルよりも幅の広いものを指す。ラッフルとは、「波立つ、しわになる、ひだになる」という意味がある。

mone>>

くるみボタン

くるみボタンとは、芯になる素材の表面を布・皮革・編み地などで包んだボタンの総称。形状は半球型のふくらみがあるものが多い。芯には、絹を丸めたもの、木、金属などが用いられる。くるむ素材は、布地に刺繍をしたり、模様を描いたり、布切れを接ぎ合わせたり、細かな編みこみを入れたりと様々な工夫が見られる。手工芸品的な側面もある。

mone>>

サーキュラーカフス

サーキュラーカフス(circular cuffs)とは、円形に裁ったカフスを袖口に付けたもので、ゆるやかな波ができる。サーキュラーとは円形のこと。ピエロの服のようなヒダの付いた袖口。ワインドカフスとも言う。

mone>>

スカラップ

スカラップ(Scallop)とは、端に沿って半円上の波形が連続する貝殻状の形の装飾のこと。スカラップとは帆立貝の意味で、その形状が貝殻に似ていることからそう呼ばれる。やわらかなウェーブを刺繍糸でしめることにより、エレガントで美しい仕上がりになる。ドレスのネックライン、スカート裾などに使用されることが多い。

mone>>

スリット

スリット(slit)とは、上着の袖口や裾、ドレス・スカート・ズボンの裾に、縦に細長くあけられた切り込みのこと。装飾的にあけられるデザインもあるが、スリムなシルエットの時に運動量にゆとりを持たせ、動きやすさ、歩きやすさを出すために用いられる。スリットは通常、あく部分の生地は重ならない。

mone>>

フレアー

フレアー(flare)とは、揺らめく、炎がめらめらと燃える、広がるという意味。ファッションにおいては、緩やかに波うたせて広がりを持たせた開口部のことで、朝顔形のような形状を指す。フレアースカート(flared skirt)やフレアー袖(flared sleeves)などに用いられる。

mone>>

ヨーク

ヨーク(yoke)とは、装飾や補強のために付けられる切り替え布のこと。コートやジャケット、シャツなどの身頃の背・肩・胸や、パンツやスカートの腰回りなどに多く用いられる。単に直線的に横に切り替えたものや、丸形、角型、V字型など様々な形状のものがある。

mone>>

スパンコール

スパンコール(sequin)とは、金属製またはプラスチック製の薄い小片の装飾。スパンコールは、形もサイズもさまざまで、中央の穴に糸を通してドレスなどに縫い付け装飾とする。光を反射し、キラキラと美しく輝くため、ドレスをより華やかに見せるために用いられる。ドレスの布面全体にビッシリと、まるで鱗のように縫い付けられているものもある。スパンコールは、スパングル(spangle)の訛った呼び方。

mone>>

巻き薔薇

布を巻いて薔薇(バラ)の形を模した装飾品のこと。ドレスと同じ素材の生地で作り、肩や胸などに飾られることが多い。巻いて形作られるため、あまり大きなものはない。市販されている巻き薔薇サテンのリボンを巻いて作られているものが多い。

mone>>

[ 戻る ]

ウエディングドレス/装飾技法をショッピング検索

ウエディングドレス/装飾技法をサイト内検索

ウエディングドレス/装飾技法を外部検索