五十音 >

リーガルウエディング

リーガルウエディング(legal wedding)とは、海外で現地の民法に則って結婚式を挙げること。リーガルとは「法的な、合法の」という意味。現地の役場に婚姻の記録が残り、法的な効力がある。国や州により法律が異なるため手続きも様々である。個人での手続きも可能だが、海外ウエディングプロデュース会社が手配代行してくれる。

mone>>

リースブーケ

リースブーケ(wreath bouquet)とは、クリスマスに飾るリースの形をしたブーケ。リースは花冠のこと。欧米では古くからドアなどに飾る風習があり、永遠、幸運、幸福を呼び込むお守りとされている。リースブーケはこのリースを模ったもので、花や葉を環状に編み込んだ形の永遠や幸福を意味するウエディングブーケリングブーケともいう。

mone>>

リサイクルドレス

リサイクルドレス(recycle dress)とは、何らかの形で使われたドレスを販売しているもの。結婚式場・ホテル・貸衣装店などでレンタルされていたものや、展示品やサンプル商品などを、クリーニングして安く販売している。レンタルドレスも誰かが借りて着た後で、クリーニングして何度か繰り返し再レンタルされているが、このドレスが販売に回ったものがリサイクルドレスベールパニエグローブなどの小物は別途用意する必要がある。

mone>>

リスト・ド・マリアージュ

リスト・ド・マリアージュ(List de Mariage)とは、新郎新婦が欲しい物をリストアップし、友人や親族が手分けしてプレゼントしてくれる風習。リスト・ド・マリアージュは、フランス語で直訳すると「結婚のためのリスト」という意味。英語ではウェディング・レジストリ(wedding registry)という。また、この欲しい物リストのことをウィッシュリスト(wish list)という。

mone>>

リストレット

リストレット(wristlet)とは、腕輪、腕飾りの総称。手首や腕に巻く、装飾や防寒の目的で用いるアクセサリー。ブレスレット・リストバンドともいう。ウエディングシーンにおいては、ヘッドドレスに合わせて、花材を用いたコサージュなどが使われる。

mone>>

リゾートウエディング

リゾートウエディング(resort wedding)とは、都会から離れてリゾート地で挙げる結婚式のこと。海や山を望む眺めのいいロケーションで、大空の下、大自然に囲まれたチャペルでのセレモニーやガーデンパーティを実現できる。美しい自然をバックに記念撮影やロケーションフォトを撮ったり、バーベキューやデザートビュッフェなどアウトドアならではの料理を振舞うことができる。挙式後にはフラワーシャワーライスシャワーバブルシャワーなどの屋外演出や、バルーンリリースや花火など開放的な空間でなければできない演出も楽しめる。

mone>>

立食パーティー

料理をビュッフェ形式にしたパーティスタイル。決まった席は設けられておらず、壁際に椅子などが用意されており、立食だけでなく椅子に座って食べることができる場合が多い。ビュッフェ(buffet)とは、立食の、セルフサービスのという意味。料理は大皿に盛り合わせて、ビュッフェテーブル(元卓)にまとめて並べられており、セルフサービスで自由に取って食べてもらう。大皿料理のため調理の手間が軽減でき、一人一人に配膳する手間がないのでスタッフも少人数で済むため、コスト削減になる。

mone>>

リーニュポワソン

リーニュポワソン(ligne poisson)とは、フランス語で「魚のライン」の意味。英語のマーメイドライン(mermaid line)と同義。上半身から腰、膝のあたりまでぴったりと体にフィットし、膝下からギャザーやフレアを入れて裾が広がっているデザインのドレスのこと。裾を尾ひれに見立て、ドレスラインが魚のように見えることが名前の由来。

mone>>

リハーサルメイク

ヘアメイクリハーサル

mone>>

リバーレース

リバーレース(leavers lace)とは、リバー編機で作られたレースの総称。ごく細い糸を撚り合わせて編み上げたもので、繊細で技巧優美な表情とレースの縁にでるヒゲが特徴。編み上がる模様はクラシカルでエレガントなイメージのレースが多い。ウエディングドレスや高級インナーなどに優美さと豪華さを表現するためにリバーレースがよく用いられる。

mone>>

リハーサルディナー

リハーサルディナー(rehearsal dinner)とは、結婚式前夜に行われる欧米の習慣。新郎新婦と両家の両親、牧師などの司式者グルームズマンブライズメイドなどで式前日にリハーサルを行う。その後、兄弟姉妹や親族、式の準備をサポートしてくれたごく親しい友人を加えて催されるセミフォーマル食事会のことをリハーサルディナーと呼ぶ。

mone>>

リフォーム

既にあるものを元に、違うデザインに作り替えること。母親から譲り受けた指輪やウエディングドレスなどをリフォームして再利用する。指輪の場合、石を取り外して新たな枠に填め込んだり、既存のデザインを流用し枠のサイズだけを調整したりしてリフォームする。ウエディングドレスの場合は、フィッティングしてサイズを調整したり、コサージュなどの装飾を付けたり、デザインを替えたりする。

mone>>

リボンプルズ

リボンプルズ(ribbon pulls)とは、複数のリボンを用意し、リボンの先に当たりを付けておき、ゲストに引っ張って当ててもらう演出。ウエディングシーンでよく見られるリボンブルズの演出に、ブーケプルズとケーキプルズがある。

mone>>

略式結納

正式な結納の形式は、両家で使者もしくは仲人を立てて双方の家に出向き、結納品を贈りあうものだが、最近は両家が一ヶ所に集まって結納を行う略式結納が増えている。一般的に女性の自宅や、結婚式場やホテル、レストラン、料亭の個室などで行われ、両家顔合わせ食事会と併せて略式結納を行う場合が多い。

mone>>

略礼装

略礼装礼装の方法を一部省略したもので、英語でインフォーマル(in-formal)。"in" は否定形を表す接頭語で、 "in-formal" で「フォーマルではない」となり、「正式ではない、略式の」という意味になる。

mone>>

略礼服

略礼服とは、いわゆる一般的なブラックスーツのこと。日本独自の略礼装で、朝から夜まで、慶事・祝事・弔事と、着方によって冠婚葬祭にオールマイティに対応できる便利な礼服。慣習的に慶事には白かシルバーのネクタイを、弔事には黒のネクタイを合わせる。ただし海外では礼服ではなく、単なる黒のビジネススーツとしてしか見られない。特に黒スーツに白ネクタイは裏世界の人間と見えるらしい。本来の準礼装は昼間はディレクターズスーツ、夜間はタキシードを着用する。

mone>>

リレーキャンドル

キャンドルリレー

mone>>

リングサイズ

指輪のサイズのことで、日本では「号数」で表記され、リングの内周で大きさが決められている。日本と海外では規格が異なるので注意が必要(下記表参照)。

mone>>

リングピロー

リングピロー(ring pillow)とは、挙式の指輪交換のセレモニーの際に用いられる、結婚指輪を置いておく小さなクッション。リングクッションともいう。指輪が落ちないようにリボンなどで留めるような工夫がされており、ここからお互いに指輪を取って指に填め合う。新婦が手作りしたり、友人からプレゼントされたりすることも多い。最近は手作り用のキットも各種販売されている。一般的なリングピローは、サテン生地で作られたクッションにフリルやリボンの装飾を施したものだが、最近ではプリザーブドフラワーや、ぬいぐるみを使用したものなど多様なものが作られている。

mone>>

リングブーケ

リースブーケ

mone>>

リングボーイ

リングボーイ (ring boy)とは、結婚指輪を載せたリングピローを運ぶ役割の男の子のこと。欧米スタイルの挙式にて、新郎入場の後に、リングボーイリングピローを持って登場して、ベストマンもしくは新郎へリングピローを渡す。それに続き、花かごを持ったフラワーガールが花びらを蒔きながら入場し、最後に新婦と新婦の父が入場する。

mone>>

[ 戻る ]

50on_りをショッピング検索

50on_りをサイト内検索

50on_りを外部検索