五十音 >

ボイル

ボイル(voile)とは、強い撚りをかけた細い強撚糸(ボイル糸)で織った、目の粗い薄手の平織り物。軽くて透けて見えるが、糸の撚りで乱反射するため可視性は低い。絹やレーヨンなどの生地を使用し、ドレスやカーテンによく用いられる。通気性がありシャリ感があるので夏用素材にも向いている。経糸・緯糸ともに撚り糸を使用したものを本ボイル、緯糸のみに使用したものを半ボイルと言う。

mone>>

芳名帖

芳名帖(ほうめいちょう)とは、結婚式・披露宴に来て頂いたゲストの方々に受付にて名前や住所を書いてもらうもの。芳名帳、ゲストブックとも言う。招待客にカードを配り、連絡先とメッセージを書き込んでもらって後で回収するケースもある。普通は、新郎側用と新婦側用の2冊用意する。また、記入用の筆ペンやサインペンなどは、会場で貸してもらえず自分たちで数本用意する必要がある。最近は洋風のゲストブックも増え、それに合わせてペンやペンスタンドまでコーディネートするこだわりカップルも増えている。また、無地のぬいぐるみの体にサインして貰うこともある。

mone>>

ポージーリング

ポージーリング(posy ring)とは、短い詩や愛の言葉やメッセージをリングの表面や内側に刻んだ指輪のこと。恋人への誓いの言葉や、普段想っていても言えない言葉をリングに込めて、マリッジリングとして交換したり、記念日のプレゼントとして贈るカップルも多い。ポージーは英語で小さな花束を意味する言葉だが、語源はフランス語の「posie」で詩を意味する言葉。

mone>>

ホースシュー

ホースシュー(horseshoe)とは、馬の蹄につける蹄鉄のこと。ヨーロッパでは古来から、悪魔を追い払う力があると信じられ、馬の蹄鉄を戸口などにかけておき護符として用いられていた。また、上向きに開いていることから、幸運を呼び寄せ、こぼれないように守るラッキーシンボルアイテムとも信じられ、アクセサリーなどとして愛用されている。ウエディングでは、パーティ会場の入り口に飾ったり、新郎のタイピンとして着けたり、ラッキーチャームとして用いるなどのアイディアで使われる。

mone>>

ボータイ

ボータイとは蝶ネクタイのこと。ボータイは棒タイと勘違いされることがあるが、本来は英語の"bow tie"からきており、"bow"は曲げる、"tie"は結ぶという意味で、合わせて蝶ネクタイの事を指す。テイルコート燕尾服)には白無地の蝶ネクタイを、タキシードには黒無地を合わせる。カジュアルなパーティやお色直しには、スーツの色に合わせてカラフルな蝶ネクタイやアスコットタイを用いても良い。

mone>>

ボートネック

ボートネック(boat neckline)とは、緩やかな曲線で両肩に向けて横に広く開いた、浅い船底型の襟ぐりのこと。鎖骨に沿ってカーブを描く襟の形が、船底の形のように見えることからボートネックと呼ばれる。くられ方が浅く、首周りの露出が比較的少ないのが特徴。くり方によっては首元をすっきり見せ、鎖骨をきれいに見せる効果がある。

mone>>

ボールブーケ

ボールブーケ(ball bouquet)とは、花材をボールのような球状に丸くまとめ、リボンなどの持ち手を付けたデザインのブーケのこと。可愛らしく軽やかな雰囲気のブーケで、比較的ボリュームの少ないウエディングドレスと相性が良い。レストランウェディングやカジュアルなウエディング、二次会などに向いており、お色直しでも人気がある。バックのように腕に掛けたり片手で持てるため自由度が高く、アクティブに歩き回り動くことの多い花嫁に適している。

mone>>

保管料

持込料

mone>>

牧師

プロテスタントのキリスト教聖職者の呼称。プロテスタントの教会式結婚式を執り行う司式者。イエスキリストが自分のことを羊飼いの牧者にたとえたことに由来している。カトリックの聖職者は神父と呼ばれる。ホテルや式場、独立型のチャペルなどは、プロテスタントの場合が多い。また海外で結婚式を挙げられる教会も、ほとんどはプロテスタントである。

mone>>

ポケットチーフ

ポケットチーフ(pocketchief)とは、上着の胸ポケットに入れる装飾用ハンカチーフのこと。正礼装テイルコート燕尾服)・タキシード・モーニングの場合は、白色の麻か木綿のチーフを、スリーピークに折って用いる。準礼装には麻、綿、絹の素材のものを用いて、チーフの色はカップルの女性のドレスの色に合わせるのが一般的。

mone>>

ポチ袋

ポチ袋とは、結婚式当日にお世話になるスタッフへ渡す心付けや、遠方からのゲストへ渡すお車代を入れるための封筒のこと。表書きは心付けならば「寿」、お車代には「御車代」と書く。ポチ袋の「ポチ」とは祝儀・心付けを意味する関西地方の方言で、芸者や仲居に渡すものであった。「ポチ」とは「これっぽっち」と言うように、不足をあらわしたり、「少ない」という意味があり、小額の祝儀のことから由来するとされる。

mone>>

ポリッシュ

ポリッシュ(polish)とは、地金の仕上げ方法のひとつで鏡面仕上げのこと。表面を磨き上げ、鏡のようにつるつるして光沢がある。ブライダルリングでは最もよく見られる仕上げ方法。ポリッシュ(polish)とは、英語で名詞の磨くこと、自動詞の~を磨く、研磨するという意味。

mone>>

彫り留め

彫り留めとは、地金に直接宝石を埋め込んでを留める方法。「鏨(たがね)」と呼ばれるノミを使用して地金面を数箇所彫り、を埋め込み、起こしたを留める。小粒のメレ石を留めることによく用いられる。鏨の彫り跡の形状から様々な名前が付けられており、マス留め、レモン留め、チョコ留め、後光留めなどの種類がある。

mone>>

ホルターネック

ホルターネック(halter neckline)とは、前身頃から続いたストラップやバンドを首に回したデザインのこと。胸元から続いた紐や布地を、後首で結んだり留めたりするため、袖が無く、腕や肩や背中が大きく露出する。イブニングドレスや水着、サマーウェアなどに良く見られるデザインで、バックスタイルを美しく見せたい人に向いているデザイン。ホルターとは、牛馬の口に付けて引く端綱(はづな)の意味で、腹掛けのように首から胸元を吊るしたように見えることからホルターネックと呼ばれる。

mone>>

ボレロ

ボレロ(bolero)とは、ウェストよりも丈の短い前開き型のジャケットのこと。打ち合わせがなく前を開けて着るのが特徴で、襟がないことが多い。袖付きのもとの袖無しのものがあり、婦人や子供用の上着として用いられる。ウェディングシーンにおいては、ドレスの上にボレロを羽織り、2Wayドレスとして着こなしたり、カトリックなどの厳格な教会式結婚式において肌の露出を控えるために用いられる。

mone>>

ホワイエ

ホワイエ(foyer)とは、フランス語でたまり場や団らんの場、暖炉の意味。ホテル・劇場などの建物の入口からホールの間に設けられた広い空間のことで、客の待ち合わせや休憩、歓談のための社交の場として使用される。英語のロビー(lobby)と同義で使われることが多い。

mone>>

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドとは、純金に白色の貴金属を混ぜて合金にしたもの。通常の18金は75%が金で、残りの25%は銀と銅の合金だが、ホワイトゴールドは銀、銅の他にパラジウムやニッケルなどを混ぜる。日本では18金が一般的だが、欧米では14金(金の純度58.3%)が多い。ホワイトゴールドはK18WG、K14WGなどと表示される。

mone>>

ホワイトタイ

ホワイトタイ(white tie)は、白の蝶ネクタイのこと。また、男性の夜の正礼装であるテイルコート燕尾服)のことを俗にホワイトタイと呼ぶ。テイルコートには、白の蝶タイが必ず着用されることから、ホワイトタイと言えばテイルコートを指すようになった。ドレスコードに「ホワイトタイ」とあれば、テイルコートを正しく着こなす必要がある。

mone>>

ボンネ

ボンネとは花嫁のヘッドドレスのひとつ。英語のボンネット(bonnet)の略で、柔らかい布や毛糸で作られたつばのない婦人用のヘアキャップの総称。多くは幅広で厚みがある小判型をしており、ウェディングドレスに合わせて白っぽい布張りにレースやパールビーズで装飾を施してある。クラシックで清楚でエレガントなイメージを演出できるヘアアクセサリー。ヘアをシニョンなどのアップスタイルにして、その上につけるのが一般的で、頭のトップよりもやや後頭部寄りにつけるとバランスが良く美しく見える。ベールやヴィッグ(つけ毛)の境目を隠すためにも役立つアイテム

mone>>

ポンパドール

ポンパドール(pompadour)とは、女性の髪形のひとつで、前髪を大きく膨らませて高い位置でまとめ、ピンやバレッタなどで留めたヘアスタイルのこと。女性版のリーゼントのような形。襟足もあげて、後頭部でまとめるのが正式なスタイルとされる。フランス国王ルイ15世の愛妾、ポンパドール夫人の髪型が名前の由来。

mone>>

ボンボニエラ

イタリアではドラジェのことをコンフェッティ(confetti)と呼ぶ。イタリアではコンフェッティを5粒にまとめたもの配る習慣があり、コンフィエッティ入れをボンボニエラ(bomboniera)と呼ぶ。ちなみにドラジェはフランス語。ボンボニエラには陶器や銀製のものから、単にドラジェレースに包んだものまで、様々な種類がある。5粒のドラジェにはそれぞれ、「幸福」「健康」「富」「子孫繁栄」「長寿」という願いが込められている。

mone>>

本予約

本予約は結婚式を行う会場に正式に申し込みをすること。この本予約の前に希望の日取りを仮押さえすることを仮予約と呼ぶ。本予約後、正式に本契約を交わす。会場によって異なるが本契約には5~20万円程度の内金が必要。本契約後の取り消しは結婚式までの期間に応じてキャンセル料金が発生する。

mone>>

[ 戻る ]

50on_ほをショッピング検索

50on_ほをサイト内検索

50on_ほを外部検索