五十音 >

ファーストダンス

欧米では結婚式の後のレセプション披露宴)はダンスパーティになることが多い。ファーストダンスは、新郎新婦が結婚して初めてダンスをすること。ダンスパーティの最初(と最後)に新郎新婦のみが、ゲストの前でダンスを披露する。その後はゲストも交えてのダンスパーティとなる。また、新郎新婦のダンスの後、新婦とその父、新郎と新婦の母、新婦と新郎の父、新郎とその母、などと順々に踊っていく。ファーストダンスのために、新郎新婦は事前にダンス教室に通ったりもする。日本ではまだ馴染みがないが、最近はカジュアルなパーティにてファーストダンスを取り入れるカップルもいる。

mone>>

ファーストバイト

ファーストバイト(first bite)とは、ケーキカットの後で、カットしたウエディングケーキの一切れを新郎新婦が互いに食べさせあう演出。欧米で古くから行われている習慣が伝わったもの。バイトとは英語で「かじる」という意味。

mone>>

ファンシーカット

ファンシーカット(funcy cut)とは、一般的なラウンドブリリアントカット以外のカッティングの総称。ファンシーカットには、オーバルカットハートシェイプカットペアシェイプカットエメラルドカットプリンセスカット(スクエアカット)などがある。ラウンドブリリアントカットに比べて同じカラット数なら割安なことが多い。

mone>>

ファンシーカラー

人工着色ではなく、天然で色づいたダイヤモンドファンシーカラーダイヤモンド(fancy colored diamond)と呼ぶ。一般的なダイヤモンドに比べて産出量が極めて少なく、希少価値が高い。色の濃いものほど高価。ブルー、ピンク、グリーンなど様々な色のファンシーカラーダイヤモンドが存在する。イエローとブラウンダイヤを除くとカラーダイヤモンドは、ダイヤモンド1万個当たり数個程度とされる。

mone>>

ファンシータキシード

ファンシータキシード(fancy tuxedo)とは、黒や濃紺の正式なタキシード以外のタキシードの総称。黒のタキシードよりも略式で準正装とされる。素材にはシルクベルベット、モヘアなど様々なものが使われる。柄は無地を始め、マドラスチェックやタータンチェックなどの格子柄、ペイズリーや花柄などのプリント柄など。色はカラフルで光沢のあるものなど、色彩や素材、デザインに多様なバリエーションがある。

mone>>

ピーコック革命

ピーコック革命は1960代後半に起こった男性ファッションのムーブメント。ピーコックとは孔雀のことで、孔雀は雄の方が華麗であることから、男性にも個性的なファッションを取り入れようという革命的な動き。フォーマルウェアにも影響を与え、奇抜な形のデザインタキシード、色柄物のタキシード、フリルのシャツなどが験される。また、礼装用以外のシャツや小物を取り込んだ着装もみられた。

mone>>

V字リング

手の甲へ向かってV字形をしたデザインのリング。縦のラインを強調するため、指を細く長く見せる効果がある。婚約指輪結婚指輪を重ね付けしたいなら、できるだけ同じV字リングで細めの幅を選ぶとよい。

mone>>

ブーケ

ブーケ(bouquet)とは、新婦が持つ花束のこと。その昔、ヨーロッパで、男性が女性にプロポーズする際に、野の花を摘んで花束を作り、渡したことがブーケの由来。花束を贈られた女性は、結婚を受諾する返事として、花束から一輪の花を抜き、男性の胸に挿した。これがブートニアの由来。

mone>>

ブーケトス

ブーケトス(bouquet toss)とは、挙式後、花嫁が後ろ向きになって、未婚女性のゲストに向かって背中越しにブーケを投げる演出。欧米の習慣で、ブーケを受け取った女性は次の花嫁になれると言われており、幸福のバトンタッチの意味をもっている。ブーケトスには、ウエディングドレスに用いるブーケとは別に、ブーケとス用にミニブーケを用意する。

mone>>

ブーケ・ブートニア・セレモニー

ブーケ・ブートニア・セレモニー(bouque tboutonniere ceremony)とは、新郎から新婦へブーケを差し出し、新婦はそのブーケの中から一輪の花を抜き取り、ブートニアとして新郎の胸に挿すセレモニー。あらかじめゲストに花を配っておき、新郎は皆から花を集めてブーケを作ったり、ブーケを新婦へ渡す際にプロポーズをするなどの演出を行うこともある。同様の演出に12本のバラを花束にしたダーズンローズがある。

mone>>

ブーケプルズ

ブーケプルズ(bouque pulls)とは、ブーケに数本のリボンを付けておき、それを未婚の女性ゲストに引っ張ってもらう演出。その中の1本だけがブーケに繋がっており、引き当てた人には幸運が訪れ、次の花嫁になれるという演出。プルは「引く」という意味。ブーケトスの代わりとしてや披露宴余興として行われることが多い。

mone>>

ブートニア

ブートニア(boutonniere)とは、新郎の左胸に飾る花のこと。ブートニアとはフランス語で「ボタンホール(襟穴)」の意味。本来、ブートニアは上着の左胸のボタンホールに差すが、コサージュとして左衿に留めるようになっていることが多い。通常、ブートニアは新婦が持つブーケと同じ花材でコーディネートする。ブートニアブーケ代とセットになっていることが多い。

mone>>

ブートニエール

ブートニエール(boutonniere)とは、男性フォーマルの上着の襟(ラベル)に付いている襟穴、またはその穴に挿す花のこと。フラワーホールともよぶ。一般的なジャケットの衿にも穴の開いていない襟穴が形骸的に付けられていることが多い。ブートニエールは元々はフランス語で「ボタン穴」の意味だが、英語でも「ボタンホールに差す飾り花」を意味する。

mone>>

フェザードレス

フェザー(feather)とは羽、羽毛の意味。フェザードレスとは、ドレス襟ぐりや裾に、マラボーなどの羽をあしらったデザインのもの。または、羽のような軽やかなイメージのドレスを指し、オーガンジーシフォンなどの軽くて薄い織物を使ってふんわりとした雰囲気を作る。

mone>>

フェーシングカラー

フェーシングカラー(facing collar)とは、タキシードテイルコート燕尾服)の襟で、朱子織の光沢のある布地を張ったもの。本来はシルクだが、光沢感があるサテンタフタが用いられることもある。フェースドラペル、シルクフェースドカラー、シルクフェーシングなどともいう。日本語では拝絹(はいけん)襟という。夜の正礼装タキシードテイルコートのみに用いられる。拝見の由来は、電気のない時代に、ほのかな明かりでも光を反射して、顔を見えることができるように付けられたとの説がある。

mone>>

フェミニン

フェミニン(feminine)とは、英語で名詞として女性、形容詞として女性用の、女性らしいという意味。ウエディングドレスや小物、ブーケなど花嫁が身につけるものに対して、女性らしいデザインを意味する形容詞としてよく用いられる。

mone>>

フォーチュンクッキー

フォーチュンクッキー(fortune cookie)とは、中におみくじの入ったクッキーのこと。アメリカの中華料理店で食後のデザートとしてよく出される。別名おみくじクッキー。結婚式において、プチギフトとしてゲストに配ったり、二次会などの演出としても使われる。

mone>>

フォーマルウエア

フォーマルウエア(formal wear)とは、礼服、礼装の総称。昼間と夜間で区別され、さらにモストフォーマルウエア(most-formal wear:正礼装)、セミフォーマルウエア(semi-formal wear:準礼装)、インフォーマルウエア(informal wear:略礼装)の3種に分類される。

mone>>

フォールスネーム

フォールスネーム(false name)とは、誤った名称という意味。日本語では誤称と呼ばれる。宝石本来の呼び名ではなく、見かけのよく似たより価値の高い宝石の名を取って付けられた別名のこと。別名のこと。産地名や商標名や形容詞などが接頭語に付く場合が多く、そのように表記されている場合や、極端に安価だったりするものは、まず偽物だと思ってよい。

mone>>

フォト寄せ書き

フォト寄せ書きとは、受付でゲストを一人もしくは数名ずつインスタントカメラで撮影し、写真の余白に名前やメッセージを書いてもらうこと。後でアルバムにしたり、写真つきの芳名帖にする。他にも二次会などで、集めた写真を引いて当たった人にプレゼントをあげるなどの余興にも利用できる。また、ゲスト席にカメラを置いておき、ゲスト同士で自由に撮影してメッセージを書いてもらうこともある。

mone>>

袱紗

袱紗(ふくさ)とは、贈り物の上に掛けたり、物を包むために用いられる、絹で作られた小型の風呂敷のようなもの。結婚式においてはご祝儀袋を包むのに用いられる。また、結納では片木盆に載せた受書を交換するときなどに上に掛けて使用される。ご祝儀袋用に、中に台紙が付いているものや袋状になっているものなどもある。慶事の場合、赤、臙脂(えんじ)、紫などの赤系や、淡い色を用いることが多い。紫は弔事も兼用できるので重宝する。

mone>>

福禄寿

福禄寿(ふくろくじゅ)は、披露宴のテーブル名などによく用いられる縁起のよい言葉。福禄寿は、中国の道教の神様で七福神の一つ。福は幸福、禄は封禄(俸禄とも書き、所領・官職ついている諸侯に与える料物 などのことで、現在における給料・財産)、寿は長寿を意味する。福禄寿の三徳を希求する道教の教えを具現化したもの。七福神の寿老人と同体、異名の神とされ、南極星の化身(南極老人)や、宋の道士天南星の化身とされる。福禄人(ふくろくじん)とも言われる。短身、長頭で、長いひげを生やし、、経巻を結びつけた杖を携え、鶴を従えている。

mone>>

ブザム

ブザム(bosom)とは、英語で胸、胸部の意味。ブザムはシャツの胸部分を指す。礼装用のシャツには装飾的なデザインのブサムのものがあり、結婚式などにおいて準礼装略礼装として用いられる。代表的なものとしてプリーテッドブザム(pleated bosom)や、スターチドブザム(starched bosom)、フリルドブザム(friled bosom)などがある。

mone>>

伏せ込み

リングの地金に穴を掘り、を取り囲むようにして留めるセッティングのこと。出っ張りが少なく、引っ掛かりにくいので、普段使いに適している。伏せ込みのリングはが外せないため、サイズ直しが難しい。が割れないようにするには、大小ともに1~2サイズ程度の直しまでの場合が多い。覆輪留めともいう。

mone>>

巫女

巫女(みこ・ふじょ)とは神道の神職の助手的な仕事に仕える女性のこと。元々は神託を聞き、民へ告げるシャーマン的な役割であった。神前結婚式においては、玉串奉奠(たまぐしほうてん)での玉串や三々九度の御神酒を新郎新婦に手渡したり、神楽に合わせて舞を奉納するなど、神職の司式の補助としての役割を果たす。白い小袖に緋色の女袴を合わせたものが一般的な巫女装束で、長い黒髪を後でひとつに束ねているのが典型的なイメージである。未婚の若い女性が務めることが多い。

mone>>

プチギフト

プチギフト(petit gift)とは、披露宴やパーティの後、ゲストを送迎するときに配るちょっとした贈り物のこと。引出物引菓子とは別に新郎新婦から手渡しで贈られる。ゲスト一人一人に来て頂いた感謝とお礼の気持ちを添えて渡す。送迎ギフトとも呼ばれる。最近では定番の演出。プチ(petit)とは、フランス語で「小さい」の意。

mone>>

仏前式

仏教の教えに基づいた挙式スタイル。司婚者は僧侶が行い、念珠(数珠)を受けて焼香し、仏様の前で来世まで連れ添う夫婦の結びつきを誓い、祖先に感謝し、盃を交わす。仏教には浄土宗や浄土真宗、日蓮宗など多くの宗派があり、司式の流れや焼香のやり方などが宗派によって異なることが多い。衣装は、花嫁は白無垢、花婿は五つ紋服。

mone>>

ブッフェ

ビュッフェ

mone>>

仏滅

仏滅(ぶつめつ)とは、六輝六曜)のひとつ。物事が滅する日の意味で、すべて凶である日とされる。結婚式などの慶事は避けたほうが良いとされる日。仏滅の日は会場も空いていることが多く、割引プランを設定しているところもある。

mone>>

ブライズメイド

ブライズメイド(bride's maid)とは、花嫁の付き添い人、立会人として、結婚式で花嫁の側に立つ女性たちのこと。主に花嫁の友達、姉妹、親族で、未婚の女性が務める。バージンロードで花嫁に先立って入場し、花嫁の身の回りの世話をする。白以外のお揃いのドレスを着てブーケを持ち、花嫁に華を添え引き立てる。ドレスは新婦が用意してプレゼントする。

mone>>

ブライダルインナー

ブライダルインナー(bridal inner)とは、ドレスを美しく着用するための下着の総称。補正下着、ドレス下着ドレスインナーなどとも呼ばれる。ドレスをきれいに着こなすため、一般の下着よりも補整力が高く、バストを上げ、ウエストをスラリと見せる効果がある。もともと欧米の文化であるドレスを日本人が素敵に着こなすために、ドレス専用のインナーでドレスに合う体型に整え、メリハリのあるプロポーションを作ることが、ブライダルインナーの目的。

mone>>

ブライダルエステ

結婚式に備えて行うエステのこと。結婚式当日にベストな状態になるように、肌のコンディションを整えケアをする花嫁専用のエステのコース。結婚式の半年前から直前まで各種コースが用意されており、何回かエステに通って行う。個々に合わせてプログラムを組んでくれる。

mone>>

ブライダルキャンドル

ブライダルキャンドル(bridal candle)とは、披露宴キャンドルサービス演出で使う、メインテーブルの側にある一番大きなろうそくのこと。キャンドルサービスお色直し後の再入場の際に行われる演出で、新郎新婦がゲストテーブルのキャンドルを灯して回った後、最後にブライダルキャンドルを点火する。ブライダルキャンドルには目盛りがついており、銀婚式までの25年間、毎年結婚記念日に火を灯して記念日を祝えるようになっている。

mone>>

ブライダルシャワー

ブライダルシャワー(bridal shower)とは、結婚する花嫁を祝福する前祝いパーティのこと。一般的に結婚式の2ヶ月前から2週間前ぐらいに、レストランや花嫁・ブライズメイド(花嫁の姉妹や友人など花嫁に親しい未婚の女性が務める)の自宅などで行われる。参加者は伝統的に女性のみで、お茶やおしゃべりを楽しみながらお祝いし、花嫁が集まったプレゼントを順番に開けてゆく。パーティのアレンジはブライズメイドが行う。出産前にも「ベビー・シャワー」という同様のパーティを行う習慣がある。

mone>>

ブライダルチェック

ブライダルチェック(bridal check)とは、結婚前に行う婦人科検診のこと。結婚を控えている女性が、妊娠や分娩に影響する婦人科的な項目をあらかじめチェックする目的で診てもらう。受信の目安は結婚式の6ヶ月から3ヶ月前ぐらいに行う。ブライダルチェックは病気ではないため健康保険が利かないので、検査の項目にもよるが費用は3万円前後かかる。ブライダルチェックの結果を結納の際に交わすこともある。

mone>>

ブライダルチャーチ

ブライダルチャーチ(bridal church)とは、独立型のチャペルにパーティ会場を併設した教会。結婚式専用の教会で、専任の聖職者や属する信者もおらず、定期的な礼拝や集会を行っていない場合がほとんど。そのため結婚講座はなく、挙式直前の数分程度の説明で終わることが多い。フォトウエディングのみの利用も可能なところもある。

mone>>

ブライダルフェア

ブライダルフェア(bridal fair)とは、ホテル・結婚式場・披露宴会場などブライダル式場で行われるウエディングの見本イベント。模擬挙式模擬披露宴、会場装飾・装花のサンプル展示、料理の試食会、婚礼衣装の試着会引出物引菓子などのアイテムの展示など、実際の挙式披露宴をイメージできるようになっている。その会場の雰囲気やセンス、サービスなどが把握できるので、希望の結婚式が叶えられるか比較検討するために目当ての会場のブライダルフェアには参加するとよい。

mone>>

ブライダルリング

ブライダルリング(bridal ring)とは、結婚に関するリングとして婚約指輪結婚指輪の両方をさす、もしくは一本で婚約指輪結婚指輪を兼ねているリングのことをさす場合もある。

mone>>

ブライダルローン

ブライダルローン(bridal loan)とは、結婚するカップルに資金を融資してくれる目的型ローン。挙式費用や新婚旅行費用、新居準備費用などの結婚資金に利用することができる。一般のローン商品よりも低金利で審査基準も低めに設定されている。身分証明、年齢、年収、勤続年数、結婚式場の見積りなどの予約証明といった審査基準があるが、無担保・保証人無しでも大丈夫な場合が多い。取り扱いは銀行やカード会社。

mone>>

ブライド

ブライド(bride)とは花嫁・新婦のこと。

mone>>

ブライドジラ

ブライドジラは、"bridezilla"もしくは"bride-zilla"と書く。"Bride"「花嫁」と"Godzilla"「ゴジラ」を合わせた造語。結婚式を準備していくうちに、自分の結婚式に徹底的にこだわりを持ち、妥協を許さないあまりに、欲張りで自分勝手になり、感じが悪い女性に変貌していく花嫁のことを意味する言葉。

mone>>

プラチナ

プラチナ(Platinum)は地金として人気が高い貴金属。元素記号Pt、原子番号78。白色の光沢を持つ金属で、白金とも呼ばれる。日本では婚約指輪結婚指輪プラチナが良く用いられる。宝飾品のほか、触媒としても高い活性を持ち、自動車の排気ガスの浄化触媒のほか、合成触媒として多くの量が使用されている。

mone>>

ブラックスーツ

ブラックスーツ(black suit)とは、日本独自のフォーマルな準礼服で、黒のスーツのこと。朝から夜まで、慶事、祝事から弔事まで、着方によって冠婚葬祭に幅広く使える便利な礼服である。

mone>>

ブラックタイ

ブラックタイ(balck tie)は、黒の蝶ネクタイのこと。また、男性の夜の正礼装であるタキシードのことを俗にブラックタイと呼ぶ。タキシードには、黒の蝶タイが必ず着用されることから、ブラックタイと言えばタキシードを指すようになった。ドレスコードに「ブラックタイ」とあれば、タキシードを着用する。

mone>>

フラワーアーチ

フラワーアーチ(flower arch)とは、アーチをつる性の植物や花で飾ったもの。庭園のエントランス部分や祭壇へのアプローチなどに配置されている、花や緑を飾った入場門のようなもの。ガーデンウエディングや一軒家のハウスウエディングなどでよくみられる。

mone>>

フラワーガール

フラワーガール(flower girl)とは、キリスト教挙式にて、教会のバージンロードを花で清めるために、花を蒔きながら花嫁を先導する女の子のこと。近親者の子供の中から4~10才ぐらいの女の子を一人もしくは複数選ぶ。一般的な式次第の順序は、新郎入場のあと、結婚指輪を持ったリングボーイが入場、続いてフラワーガールが花かごを持って入場したあと、新婦が新婦の父と入場する。女の子を使った類似の演出に、花嫁のドレスのトレーンを持つトレーンベアラーなどもある。

mone>>

フラワーコーディネート

フラワーコーディネート(flower coordinate)とは、メインテーブルやゲストテーブルの卓上装花や会場装花ブーケブートニアなどに至るまで、結婚式で使用する花をトータルコーディネートすること。テーマを決めたり季節感を出したりして、花材の種類や色をコーディネートする。

mone>>

フラワーシャワー

フラワーシャワー(flower shower)とは、キリスト教式挙式の終了後、教会の外に出てくる際、もしくはバージンロードを退場する際に、新郎新婦に向けて列席者が花びらを蒔いて祝福するセレモニーのこと。花の香りによって辺りを清め、幸せを妬む悪魔から二人を守る意味がある。フラワーシャワーに使う花は特に決まっておらず、好きな花材を選んでよい。フラワーシャワー用の造花の花びらもあり、日本では一般的に生花よりも造花を使用する場合が多い。

mone>>

プランナー

ウエディングプランナー

mone>>

プランニングシート

プランニングシート(planning sheet)とは、オリジナルウエディングを実現させるために、二人の希望やこだわりをチェックするためのもの。挙式披露宴のスタイルの希望、招待するゲストの人数などから会場を決めたり、テーマやこだわりを形にするためのコーディネートや演出を具体的に決めていく。予算とも照らし合わせてプランニングシートに書き込むことにより、二人がやりたい結婚式が具体的に見えてくる。

mone>>

プリーツ

プリーツ(pleat)とは、布を折り畳み襞(ひだ)を作る技法のひとつ。規則的に畳み込んだ布の一部を固定し、衣服に運動性を持たせたり、立体的に装飾するために用いられる。ひだそのものを指すこともある。

mone>>

プリーテッドブザム

プリーテッドブザム(pleated bosom)とは、胸の部分にプリーツ(襞:ひだ)をあしらった礼装用のドレスシャツ。日本語ではその形状からひだ胸と呼ぶ。プリーツの形状は様々で、プリーツも細いもの、太いもの、また縦、横、斜めとバリエーションは多様なものがあるが、フォーマル用として一般的なものは、ヒダ巾約1cm、片側6本、前立分を加えて全部で14本、等間隔で縦に平行になっているもの。

mone>>

フリードリンク

フリードリンク(free drink)とは、披露宴やパーティにて出される飲み物が飲み放題スタイルのこと。決められた種類の飲物(ビールやワイン、ウイスキー、ソフトドリンクなど。会場によって異なる。)はいくら飲んでも料金が同じというシステム。フリードリンクは一般的にセットの飲物料金に1,000円程度の追加料金になっている。フリードリンクの対象外の飲物をゲストが注文すると、その分は追加料金が発生する。お酒を飲むゲストが少ない場合はかえって割高になる場合もあるので、ゲストの顔ぶれとドリンクの内容を確認して決めるとよい。

mone>>

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー(preserved flower)とは、「保存された花」という意味。生花を瞬間冷凍し樹液の水分を抜き、代わりに着色料や保存料などを含んだプリザーブド溶液に浸し、数時間から数日間花の力によって液を吸わせる。溶液は天然色素やグリセリンなどオーガニックな素材が用いられることが多い。花の力により時間をかけて溶液を吸わせるので、着色と異なり自然な風合いが生まれる。青いバラなど自然界に存在しない色の花を造ることも可能。ドライフラワーと異なり発色が良く、生花に近い質感のまま保存ができる。

mone>>

ブリリアントカット

切子のようにカットされたひとつひとつの面をファセットと呼び、宝石を上から見たときに中央から外側に向かって放射線に広がるようにファセットが配置されているものをブリリアントカット(brilliant cut)と呼ぶ。ブリリアントは「輝く」という意味があるが、宝石の輝きを引き出すためのカットであることからブリリアントカットと名付けられた。

mone>>

フリンジ

フリンジ(fringe)とは房状の縁飾りのこと。紐や糸を束ねて付けたり、布端の地糸をほぐして寸本ずつ結んで房状にしたもの。フリンジは縁、末端、房などの意味。ラテン語のフィムブリアが語源。

mone>>

プリンセスカット

プリンセスカット(princess cut)とは、宝石のカットの一種。真上から見ると正方形の形状のブリリアントカット。スクエアカットに比べてカットが細かく施されている。カット面が細かく多いため輝きも強いが、反射光が細かく表情が繊細で柔らかく煌く「プリンセス」の名称通りの上品なデザイン。1970年代以降に登場した比較的新しいスタイルのカット

mone>>

プリンセスライン

プリンセスライン(princess line)とは、上半身はウエストまでフィットし、腰から下のスカート部分はギャザーフレアーでふんわりと広がったスタイルのドレスのこと。パニエの量でスカートのボリュームを調整する。ウエストラインを細く見せる効果があり、体型を選ばず誰にでも似合うライン。

mone>>

ブルーダイヤモンド

ブルーダイヤモンド(blue diamond)は青色のダイヤモンド。天然のファンシーカラーブルーダイヤモンドは非常に希少でとても高価である。市場に出回っているものはトリートメント処理を施し人工的に着色したものがほとんど。天然のブルーダイヤモンドはホウ素を含有しているため青い輝きを放つ。

mone>>

フルオーダー

自分だけのオリジナルのドレスを作ること。デザイン、生地選びから打ち合わせして、フィッティングして採寸し仮縫いシーチング)を行い、本縫いをする。こだわりや好みを反映でき、体型に合ったドレスが作れるが、費用は高めで完成まで2~3ヶ月程度はかかる。オートクチュール(haute couture)ともいい、フランス語で「オート」は「高級な」、「クチュール」は「仕立て・縫製」を意味し、併せて「特注の仕立て服」を指す。

mone>>

フルオーダー

デザインを注文してすべてオーダーメイドでリングを作るシステムのこと。製作は既製品の型からではなく職人が地金を叩いて一つ一つ作り上げる。世界にひとつだけのオリジナルリングを作ることができるが、費用は高めで制作期間はオーダーから約1ヶ月程度はかかる。

mone>>

フルレングス

フルレングス(full-length)は、フルは「全部、十分な」、レングスは「長さ」という意味で、総じて等身大、実物大を意味し、地面に届くほどの長さの衣類を指す。ウエディングドレスにおいては、足全体を隠す長さのスカート丈のことを指す。

mone>>

フレアー

フレアー(flare)とは、揺らめく、炎がめらめらと燃える、広がるという意味。ファッションにおいては、緩やかに波うたせて広がりを持たせた開口部のことで、朝顔形のような形状を指す。フレアースカート(flared skirt)やフレアー袖(flared sleeves)などに用いられる。

mone>>

プレイスカード

プレイスカード(place card)とは、披露宴・パーティのテーブルに置く、参列者の名前が書かれた席札のこと。

mone>>

ブレーセス

ブレーセス(braces)は、ズボンやスカートを留めるために用いる、肩から吊り下げる紐やバンドのこと。ブレーセスはイギリス英語で、アメリカではサスペンダー(suspender)という。

mone>>

プレーントゥ

プレーントゥ(plane toe)とは、プレーンは「平らな」、トゥは「つま先」を意味し、男性用正装靴で、つま先部分のトップからサイドにかけて継ぎ目がなく、つま先飾りもない靴のこと。タキシードを着用する際には黒エナメルでプレーントゥオペラパンプスを合わせるのが正式な着こなしとされる。

mone>>

プレストブーケ

プレストブーケ(pressed bouquet)とは、押し花ブーケのことで、挙式で使った生花のブーケを記念に押し花にして額縁に飾るもの。押し花にすることで生花の色や形を活かしつつ長期保存が可能となる。挙式後、アトリエにブーケを渡せば1~2カ月後には完成。鮮度が高いうちに渡すのが望ましいので、会場まで取りに来て貰えるか確認を。価格の目安は2~4万円程度。

mone>>

ブレスレットスリーブ

ブレスレットスリーブ(bracelet sleeve)とは、手首の上辺りまでの長さの袖のこと。ブレスレットをはめる部分が露出するためブレスレットスリーブと呼ぶ。手首が隠れるくらいのウエディンググローブをはめても袖と重ならないようになっている。袖は細身でぴったりとタイトになっているものが多いが、肘から指先にかけてフレアーになっているスタイルもある。

mone>>

プレタクチュール

プレタクチュール(pret-à-couteure)とは、フランス語で高級既製服を意味するプレタポルテ(pret-à-porter)と、高級仕立て服を意味するオートクチュール(haute-couteure)との合成語。セミオートクチュールセミオーダーとも呼ぶ。既成のサンプルの中からパターンを選び、フィッティングして仮縫いを行いサイズ調整をする。また好みで細かな装飾を施して、オリジナルのドレスに仕立てていくシステム。

mone>>

プレタポルテ

プレタポルテ(pret-à-porte)はフランス語で既製服を意味するが、日本では一般の既製服よりも区別して高級な既製服を指す。プレは英語の"ready"にあたる単語で「用意ができた」、ポルテは「着用する」という意味。間の「à(ア)」は,2つの語を結び「~するために」という意味になる。つまり直訳すると「着る用意ができた(服)」となり、「既製服」を意味する。

mone>>

ブレッシングウエディング

ブレッシング(blessing)とは「神様の祝福」を意味する。ブレッシングウエディングとは、キリスト教式結婚式において、聖職者がキリスト教の教義に則って結婚する二人に祝福を与えるウエディングスタイルを指す。ブレッシングウエディングには法的な効力はない。海外の正式な教会の多くでは、戸籍上夫婦となってからでないと挙式を行うことはできないため、事前に日本で入籍し、自治体に婚姻受理証明書を発行してもらう必要がある。

mone>>

フレンチカフス

フレンチカフス(french cuffs)は、ダブルカフスの別名称。20世紀初頭にダブルカフスが広がり始めた頃、ソフトなものや略式のものがフレンチスタイルとされており、フレンチカフスの由来となった。

mone>>

フレンチスリーブ

フレンチスリーブ(french sleeve)とは、袖が身頃から裁ち出されてひと続きになっており、身頃と袖の切り替えがない袖のこと。日本ではノースリーブと半袖の中間ぐらいで、肩が隠れる程度の短い袖のものを指す場合が多い。最近は袖付けに切り替えがあっても、この程度の短さの袖をフレンチスリーブと呼ぶこともある。欧米では長くても短くてもフレンチスリーブと呼ぶ。また日本の着物の袖に似ていることからキモノスリーブとも呼ばれる。

mone>>

フローティングキャンドル

フロートとは「浮いたもの(名詞)、浮く(自動詞)、浮かべる(他動詞)」という意味。フローティングキャンドル(floating candle)とは、グラスなどに水を張り、浮かべるキャンドルのこと。揺らめく幻想的な光の演出を楽しめる。

mone>>

フロックコート

フロックコート(frock coat)は上着の着丈が膝まである伝統的な昼の正礼服。黒もしくはグレーのダブルの上着に、立衿シャツとアスコットタイを組み合わせるのが正しい着方だが、現在ではフロックコートはもはや過去の礼装スタイルとなり、結婚式で着用されるくらいになった。スタイルもカジュアル化しており、シングルボタンで、オフホワイトや明るい色のフロックコートもよく見られる。丈が長く大きな身頃なので大きな教会での挙式や、トレーンの長いウエディングドレスと合わせると映える。

mone>>

プロテスタント

プロテスタント(protestant)とは「意義を唱える」という意味で、マルティン・ルターを起因に16世紀に始まった宗教改革運動によって、カトリック教会から分離・成立したキリスト教各宗派の総称。カトリックが教会とその教義を重視するのに対して、プロテスタントは特に個人の福音主義、信仰疑念を重視する。日本では、ローマ・カトリックと対比してプロテスタントのことを「新教」と呼ぶこともある。

mone>>

プロデュース会社

結婚式のプランニングや準備、手配代行などを請け負う会社のこと。結婚する二人のイメージや希望を聞き、実現するために会場探しや演出企画、業者の紹介などから、当日の進行までサポートしてくれる。料金は依頼の範囲や内容にもよるが、手配依頼総額の10%~が相場。

mone>>

プロフィールパンフレット

プロフィールパンフレット(profile pamphlet)とは、新郎新婦のプロフィールを印刷したもの。ここ最近見られるようになったペーパーアイテムのひとつ。席次表と合わせて一緒に作ったり、二人のエピソードやゲストへのメッセージを盛り込むなどオリジナリティを出したものも多い。手作りする人も増えており、手作り用のパソコンソフトや素材集も各種販売されている。デザインから印刷まで請け負う業者もある。開宴前のゲストの時間潰しや会話のきっかけにもなるアイテム

mone>>

プロフィールビデオ

プロフィールビデオ(profile video)とは、新郎新婦の生い立ちから成長の過程、二人の出会いから結婚に至るまでを編集した映像のこと。写真をスライドショーにしたり、動画を組み込んだりして映像化する。披露宴余興お色直しで中座中の繋ぎとして、最近良く用いられる人気の演出

mone>>

プロングセッティング

プロングセッティング(prong setting)とは、石座にのせられた一粒のを数本ので留めるセッティング方法のことで、日本語では立て爪と言い、エンゲージリングの代表的な形状で、ティファニー社が考案したスタイル。

mone>>

文金高島田

文金高島田(ぶんきんたかしまだ)とは、花嫁が白無垢打掛を着る際の代表的な日本髪。未婚女性の代表的な髪型で、髷(まげ)を一回縛る島田髷の髷の根を上げて髷を高くし、額の方へ前に出した髪の結い方で、上品で優雅な髪型とされる。

mone>>

[ 戻る ]

50on_ふをショッピング検索

50on_ふをサイト内検索

50on_ふを外部検索