五十音 >

ナイトウエディング

夕方からスタートするウエディングのこと。会場のアプローチにキャンドルを配置したり、ライトアップされたチャペルでの挙式、夜景の見える高層階のバンケット・レストランでの披露宴など、幻想的かつロマンティックな雰囲気の演出ができる。昼間の結婚式に比べて低価格に設定されていることが多く、コストを抑えられる。お開きの時間が遅くなるので、遠方からのゲストには配慮が必要。宿泊手配をする必要が生じる場合も多いので、あらかじめ予算を組んでおくとよい。

mone>>

ナイトキャンドル

ナイトキャンドルは、ナイトウエディングで行われる、アプローチやガーデンなどに沢山のキャンドルを配置した幻想的な演出

mone>>

流し

披露宴のゲストテーブルの配置方法で、長細いテーブルをメインテーブルに対して縦に並べるテーブルセッティングのこと。テーブル3つなら「3本流し」、4つなら「4本流し」という。新郎新婦の座る高砂メインテーブル)に近いテーブルが上座になる。「ちらし」は丸いテーブルをランダムに散らす配置。

mone>>

中締め

披露宴等の終わりを中締めと呼ぶ。普通は「おひらき」と言うが、披露宴などのお祝いの席では、「お祝いはまだまだこれから」という意味を込めて「中締め」と言う。一般的な式典、パーティーでは、中締めというと手締め(手打ち)を行うことが多いが、披露宴中締めで行われることはほとんどない。

mone>>

中石

センターストーン

mone>>

長熨斗

長熨斗(ながのし)は、結納で用いられる品のひとつ。納幣熨斗ともいう。昔は「のしあわび」という鮑(あわび)の身を叩いて薄く伸ばした物を用いていたが、現在では海草を煮溶かしたものや、ビニール製の代用品を使うことが多い。

mone>>

仲人

仲人(なこうど)とは、結婚する二人の仲立ちをして、両家の間を取り持つ役。二人の良き相談役であり、指導役ともいえる。媒酌人ともいう。見合いのときは「世話人」、結納では「使者」、挙式披露宴では「媒酌人」と呼ばれる3つの役目を果たす。

mone>>

生演奏

新郎新婦の入退場や、挙式の中で歌う聖歌や賛美歌の伴奏をその場で行うこと。BGMとしてや余興生演奏を取り入れることもある。チャペルに常設してあるオルガン、エレクトーンでの演奏は挙式料に含まれることが多い。ピアノ、クラシックの重奏、ジャズ、ゴスペル、オペラ歌手など選択の幅も広い。会場備え付けのピアノや音響設備を使用する場合は、使用料が掛かるので事前に確認しておいた方が良い。

mone>>

生ケーキ

入刀用のイミテーションケーキとは異なり、実際に食べることができる生のウエディングケーキ。新郎新婦がケーキ入刀した後、切り分けてゲストにデザートとして振舞われる。切り分けたケーキは会場スタッフがゲストに配る場合もあるが、新郎新婦がサーブするケーキサーブという演出も最近は人気がある。デザインや材料なども相談に乗ってもらえることが多く、オリジナリティあふれるケーキを作ることができる。ゲストがデコレーションの仕上げをするケーキデコレーションという演出や、ラッキードラジェケーキチャームなどの演出もある。

mone>>

[ 戻る ]

50on_なをショッピング検索

50on_なをサイト内検索

50on_なを外部検索