五十音 >

同行者

海外挙式での挙式参列者(両親・親族・友人など)のこと。同行者の飛行機やホテルの予約などツアーの手配は、新郎新婦側が行うのが一般的だが、費用負担はケースバイケース。同行者の旅行費用の一部を新郎新婦が負担したり、ご祝儀は無しにして、代わりに旅行費用を同行者に負担してもらうなどの方法もある。両親の旅費については新郎新婦が負担し、親族の旅費は両親が負担する場合もある。

mone>>

トーク帽

筒型の帽子の総称で、一般的に頭に乗せるように被る浅い円筒形の帽子を指す。中世の貴族の帽子が起源で、現代では皇族や海外のファーストレディなどがよく使用している。冠婚葬祭時に用いられることが多い。ベールのついたトーク帽もある。

mone>>

トータルコーディネート

結婚式のテーマを決めて、会場全てに統一感を持たせた演出をすること。会場装飾、各種装花、テーブルクロスやチェアカバーなどのテーブルセッティング席札などのペーパーアイテムに至るまで、全てのアイテムに統一感を持たせる。会場全体のカラーコーディネートを行い、さらにブーケやドレスの色も合わせたりする。

mone>>

ドキュメント写真

スナップ写真

mone>>

特別地方消費税

かつて日本で飲食店などでの飲食、遊興に課された税金で、2000年3月31日をもって廃止された制度。1人あたり7,500円以上の飲食をしたときに徴収される消費税。結婚式の場合は料理・飲物・宴席料控室料・サービス料・会場装花・一部演出余興が対象となり(会場によって対象項目は若干異なる)、その合計金額に対して3%かかるものであった。

mone>>

特別料理

特定の人向けの料理のこと。通常のコース料理の一部をアレンジしたり、別のコースに差し替えたりできる。作って貰えるか否かは料理長との相談が必要になる。年配者向けの食事やアレルギーへの配慮を希望する人は相談してもるとよい。子供連れのゲストには、事前に子供にアレルギーが無いか確認をしておこう。

mone>>

トップケーキ

イギリス式のウエディングケーキの部分名称。三段式ケーキの一番上の部分。熟成したフルーツを入れて焼いたフルーツケーキを三段に重ね、にマジパンと砂糖で作られたシュガークラフトの飾りを施し、結婚する二人を祝福する。当日、記念品として持ち帰り保存しておき、初めての子供が産まれた時に食べるとも、一年目の結婚記念日に食べるとも言われている。また1段目を当日の披露宴の列席者に振る舞い。 2段目を当日出席できなかった人たちに振る舞い幸せをおすそ分けする。

mone>>

トップデコレーション

トップケーキ

mone>>

留袖

留袖(とめそで)とは、既婚女性の第一礼装。地色が黒のものを黒留袖、黒以外の地色のものを色留袖と呼び、いずれも同格の礼装留袖には裾と袂の下の部分だけに模様がある。主に慶事に着用されるため、裾に配される模様も吉祥文様(きっしょうもんよう)・松竹梅・鶴亀・御車など、縁起のいい柄が描かれている。また、金銀の刺繍や箔など豪華絢爛な技法が併せて施されているものもある。

mone>>

友白髪

友白髪(ともしらが)とは、結納に用いられる品の一つ。友志良賀、共白髪とも書く。共に白髪になるまでいつまでも仲むつまじく添い遂げられるようにと、長寿と夫婦円満の願いをこめた縁起物。白髪に見立てて麻ひもを一対にしたものが用いられる。西日本では高砂人形を加えて贈ることもある。

mone>>

友引

友引(ともびき)とは、六輝六曜)のひとつ。結婚式などの慶事には大安に次ぐ吉日で、朝晩は吉だが正午は凶とされる。本来は陰陽道で先勝先負の間に入って勝負なしの日という意味。いつのまにかその意味を取り違えて「友を引く」ということで、葬式・法事を行うと、友が暝土に引き寄せられる(すなわち死ぬ)との迷信が生まれ、葬儀を避けるようになる。一方、結婚式には「友を引く」として喜ばれる。陰陽道では別に「友引日」というものがあり、その日ある方向に事を行うと災いが友に及ぶとされる。これが六曜友引と混同されたものと考えられている。

mone>>

ドライ加工ブーケ

ドライ加工ブーケとは、ブーケをドライフラワーにしてガラス容器に保存したもの。立体的な形で色鮮やかに保つことが可能。作り方は、新鮮な生花を乾燥剤(シリカゲル)でドライフラワーに加工して、再度ブーケにアレンジし直し、ガラス容器に入れ密封する。

mone>>

ドラジェ

ドラジェ(dragee)とは、アーモンドの実を白、ピンク、ブルーなどの色とりどりな砂糖ペーストをでコーティングしたフランスのお菓子。イタリアではコンフェッティ(confetti)と呼ばれる。

mone>>

ドラジェサービス

ドラジェサービスとは、新郎新婦がテーブルごとに回り、ドラジェをゲスト一人ひとりに手渡しして配る演出お色直し後の再入場の際にキャンドルサービスの代わりに行うひとも多い。ゲストとの交流や会話を楽しむことができる。

mone>>

トランスペアレント

トランスペアレント(transparent)とは、英語で透明な、透き通ったという意味。レースオーガンジーシフォンなど透明感のある素材を使ったファッションを形容する言葉。その部分の肌が透けて見えるデザイン。最近は、透けて見えるという意味のシースルー(see through)という表現もある。

mone>>

トリートメント

トリートメント(treatment)とは、その宝石が元々持っている本質的な性質とは無関係に、科学的あるいは物理的方法により人工的に色等や外観を変化させてしまう方法のこと。価値は天然石よりも低い。

mone>>

ドレープ

ドレープ(drape)とは、布を垂らしたときに出る、ゆるやかなひだ、またはたるみのこと。優美でエレガントな雰囲気が出るデザイン。ドレープには、布で覆う、飾るという意味がある。

mone>>

トレーン

ウエディングドレスの引き裾のことで、後ろに長く引きずったスカートの裾の部分。長いほど身分が高いとされ、そのドレスの格が上がる。ロングトレーンは、エレガントな印象になり、長いバージンロードに映え、厳かな教会向き。短いトレーンはカジュアルでキュートな印象になり、狭い会場や、歩き回りたい人は短めのトレーンが便利。スカートの後ろの部分にバッスルと呼ばれる腰当てを入れて膨らませることで、トレーンの長さを短くする事もある。トレーンを取り外し可能な2WAYタイプのドレスもある。

mone>>

トレーンベアラー

トレーンベアラー(train bearer)とは、花嫁入場のとき、トレーンベールを後ろから持つ女の子。花嫁のウエディングドレストレーンベールが長いとき裾を持ってもらう。親族などの小さな女の子が務めることが多い。ベアラーは持つ人という意味。

mone>>

ドレスインナー

ブライダルインナー

mone>>

ドレスグローブ

ドレスグローブ(dress glove)とは、礼装用手袋の総称。テイルコート燕尾服)なら白、タキシードなら黒、モーニングコートならグレイと、通常ベストと同色のものを用いる。素材はキッド(仔山羊)、ディアスキン(鹿革)、ドースキン(雌鹿)、バックスキン(雄鹿)、シャモワ(カモシカ)などから、絹織地のものが用いられる。

mone>>

ドレスコード

ドレスコード(dress code)とは、服装規定のこと。公式の行事や正式なパーティ、冠婚葬祭では、周囲の雰囲気を損なわないために、時間帯や場所に相応しい服装をする必要があり、その場面に適した服装のことをドレスコードという。"dress code" の "dress" は「衣服、正装」、 "code" は「礼儀作法、慣例、規範」などの意味で、あわせて「服装規定」「服装規制」とも訳される。

mone>>

ドレス下着

ブライダルインナー

mone>>

ドレスデザイン

ドレスのラインやデコルテ(胸元)、スリーブ(袖)などの形の総称。体型によって似合うラインがあり、隠したい部位によってドレスデザインが変わる。会場の広さや雰囲気などのロケーションや季節・時間帯によって、ドレスの印象が変わるので、ドレスを着るシチュエーションを考慮してデザインを選択するとよい。

mone>>

ドレスバック

ドレス用バックともいう。ウエディングドレスを入れて保管・持ち運ぶカバーのことを指す場合と、ウエディングドレス着用時の小物入れを指す場合がある。

mone>>

[ 戻る ]

50on_とをショッピング検索

50on_とをサイト内検索

50on_とを外部検索