五十音 >

大安

大安(たいあん)とは、六輝六曜)のひとつ。「大いに安し」の意味。万事において終日吉とされており、すべてが穏やかに運ぶ大変おめでたい日。六曜の中で最も吉の日とされる。特に婚礼は大安の日を好んで行われることが多い。予約も集中しやすいので、大安を希望するなら早めの行動が必要。「たいあん」が一般的な読みだが、「だいあん」ともいう。かつては「泰安」と書いていた。

mone>>

体重ベア

生まれたときの体重と同じ重さに作られた熊のぬいぐるみなどのこと。ウエイトベアともいう。披露宴最後のクライマックスシーンにて、両親への花束贈呈の代わりに贈られるアイテムの一つ。ぬいぐるみの足の裏に名前や体重を刺繍で入れたりする。

mone>>

ダーズンローズ

ダーズンローズ(dozen rose)とは、1ダース(12本)のバラのこと。欧米においてダーズンローズの花束を恋人に贈ることで幸せになれるとされている習慣がある。12本のバラには各々に意味があり「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」を象徴している。ダーズンローズはこれらを全てまとめてあなたに誓います、という代物。12月12日はダーズンローズの日。バラの品種にもダーズンローズという名前のものがある。

mone>>

ダーズンローズウエディング

挙式のとき新郎から新婦への愛のしるしとして12本のバラのブーケを贈り、改めてプロポーズする。新婦は『YES』の返事の代わりにブーケの中から一輪のバラを抜いて新婦の襟に挿し返す。このセレモニーを含む結婚式をダーズンローズウエディングと呼ぶ。12本のバラには各々に意味があり「感謝・誠実・幸福 ・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」を象徴している。新婦は新郎へ自分が一番贈りたい言葉のバラを選ぶ。各テーブル名をこのバラの意味と一緒にするアイディアもある。

mone>>

タイトスリーブ

タイトスリーブ(tight sleeve)とは、腕にぴったりと合った緩みの少ない細い袖の総称。主にワンピースなどに用いられる。フィッテッドスリーブとも呼ぶ。

mone>>

ダイヤモンド

ダイヤモンド(diamond)とは、地中深く眠っていた炭素が、何千年もの時をかけて地球内部の高温高圧力によって生成される、8面体構造を持つ炭素の結晶のこと。ダイヤモンドの硬度は10で、自然界に生成される全鉱物中最高の強度をもつ。「なにものにも征服されない」という意味のラテン語の「アマダス(adamas)」がダイヤモンドの語源。金剛石、ダイアモンドともいう。

mone>>

高砂

高砂(たかさご)とは、披露宴での新郎新婦が座る席のこと。メインテーブルのこと。ゲスト席より一段高く、金屏風の前にふたりが座る。最近では、金屏風の変わりにジョーゼット装飾にしたり、あえて高砂を作らずに壇や金屏風を外し、ゲストと近いレイアウトでふたりの席を設けるカップルも増えている。

mone>>

タキシード

タキシード(tuxedo)は元々は夜の準礼装とされているが、本来の正礼装燕尾服はもはや前時代的な衣装となり、近年は正礼装タキシードが一般的になってきている。また、夜のみの礼装ではなく、昼から着用可能になってきている。ブラックタイと言うとタキシードを指す。タキシードはアメリカの呼び方で、イギリスではディナージャケットと呼ばれる。

mone>>

タキシードシャツ

タキシードシャツ(tuxedo shirt)とは、男性の夜の正礼装であるタキシード用フォーマルシャツの総称。襟はウィングカラー(立襟)で、ブラックタイと呼ばれる黒のボウタイをあわせる。胸元は日本語ではひだ胸と呼ばれる、プリーツ(襞:ひだ)をあしらったプリーテッドブザム(pleated bosom)で、ヒダ巾約1cm、片側6本、前立分を加えて全部で14本、等間隔で縦に平行になっているものが基本。袖口は硬いシングルカフカフリンクスで留めるのが正式。略式では、胸元にフリルをあしらったフリルドブサム、袖口はダブルカフスなどをあわせることもある。

mone>>

卓上装花

ゲストの各テーブルに飾る花のこと。ゲストテーブル装花ともいう。1卓につき5000円~2万円程度だが、テーブルの数だけ必要。食器を並べたり、ゲスト同士が話をするのにじゃまにならない大きさにし、テーブルコーディネートやメインテーブル装花と合わせたアレンジをするとよい。最近は披露宴が終わった後に、ゲストに持ち帰って貰うのも人気であり、最初から分配できるようにアレンジされたタイプもある。

mone>>

立会人

立会人とは、新郎新婦が結婚の誓いを交わす際に、証人となる人のこと。キリスト教式挙式の場合、立会人の前で結婚を神に誓う。結婚証明書にサインする際に立会人にも連名でサインして貰う場合もある。媒酌人がいれば立会人の役もして貰うが、いない場合は友人や親戚などにお願いしてよい。新郎新婦の友人代表として選ばれるグルームズマンブライズメイドのことを、立会人もしくは介添人と呼ぶ場合もある。

mone>>

タッキングスカート

タッキングスカート(tacking skirt)とは、タックを寄せたスカートのこと。Aラインなど、シンプルなウエディングドレスのスカートにタックを寄せることで、空気を含んだ自然なふくらみが増し、ボリューム感が出る。また、タッキングで布に陰影が出るため、立体的なフォルムが作り出せる。光沢のあるタフタなどの素材を利用すると豪華なイメージになり、透け感のあるオーガンジーチュールオーバースカートにすることでキュートさを表現できる。

mone>>

立て爪

立て爪とは、石座にのせられた一粒の石を数本の爪で留めるセッティング方法。オーソドックスな立て爪のリングは、6つ爪や4つ爪が定番。ダイヤモンドを持ち上げる爪の間の四方から光を受けやすいため、ダイヤモンドの輝きを得られやすく、ダイヤモンド本来の美しさを際立たせる効果がある。エンゲージリングの代表的な6つ爪は、ティファニー社が考案したスタイル。立て爪の一種のカテドラルは、両脇のスロープで宝石をしっかり留めるため、通常の立て爪より安定感がある。

mone>>

縦ロール

サイドヘアやバックヘアを縦長のロール状に巻くアレンジスタイル。ヘアアイロンなどを使いカールされたヘアが上品でエレガントな印象になる。縦ロール用のウィッグもある。

mone>>

頼まれ仲人

頼まれ仲人とは、結納の立会いや結婚式当日だけ仲人役をお願いする人のこと。仲人とは本来は、縁談から結婚式まで両家を取り持つ役で、見合いのときは「世話人」、結納では「使者」、挙式披露宴では「媒酌人」の3つの役目を担う人である。だが、最近は形だけの頼まれ仲人が増えている。

mone>>

ダビング代

ビデオ撮影をプロに頼んだ場合、付いてくるビデオテープは1~2本のことが多い。またマスターテープは一般的に貰えない。複数のビデオが欲しい場合は、別途ダビング代が有料でかかる。最近はビデオテープだけでなく、DVDを選べるところが多い。撮影した映像の著作権はビデオ会社にあるので、むやみに自分でダビングして配ると、著作権法に触れる恐れがあるので注意する。

mone>>

タフタ

タフタ(taffeta)とは、平織り(縦糸と横糸を一本ずつ交差させて織る織り方)で薄地、張りがある織物で、光沢のある質の良い生地。縦横別の糸で織ることで生地の横方向に畝(うね)がある。横畝により陰影が生じるため、縦横糸の配色によっては、見る方向により色目が変わる独特の発色が現れる「玉虫効果」がある。

mone>>

ダブルカフス

ダブルカフス(double cuffs)とは、袖口部分を折り返して二重になっているデザインのカフ。袖口の両方にボタンホールが設けてあり、カフリンクスを付けて留める。シングルカフスよりも立体感があり、存在感が出る。エレガントなイメージがあるダブルカフスだが、実際にはダブルカフスは略式で、固く糊付けされたシングルカフスが正式なスタイルである。

mone>>

ターンナップカフス

ターンナップカフス(turned up cuffs)とは、ダブルカフスのように折り返しがあるが、シングルカフスのようにボタンで留めるスタイルのカフス

mone>>

玉串

玉串(たまぐし)とは、榊の枝に紙垂(しで)という紙を取り付けたもの。神に捧げる供え物の弊帛(へいはく)の一つ。玉串を神前に捧げる事によって恭順の心を表し、神と人を繋ぐ。紙垂は神の衣を、榊は神の繁栄を表す。玉串神前式挙式で神殿に捧げられる。

mone>>

玉串奉奠

玉串(たまぐし)とは神事に用いられる道具の一つで、などの常緑樹の小枝に紙垂(しで)や木綿(ゆう)をつけたもの。玉串奉奠(たまぐしほうてん)とは「玉串を奉(たてまつ)りて拝礼」という意味で、神事において慶事に限らず弔事にも必ず行われる、神様へ「玉串」を捧げて拝礼する儀式。玉串奉奠は仏式の焼香にあたるものといえる。

mone>>

誕生石

誕生石とは生まれた月によって定められた宝石。誕生石はそのつきに生まれた人を守る守護石。身につけると危険から身を守ってくれたり、幸運が訪れるといわれている。また誕生石は、願いを叶えてくれるともいわれている。各月の石には象徴が定められている。

mone>>

[ 戻る ]

50on_たをショッピング検索

50on_たをサイト内検索

50on_たを外部検索