五十音 >

コアフ

コアフとは、髪飾りのこと。コアフは、調髪や髪型を意味するフランス語の「コワヒュール(coiffure)」が英語化した略語。

mone>>

(こうがい)とは、髪に挿す飾りのこと。細長い棒状で、両端もしくは片端を長方形に少し太くしたような形をしているのが一般的。先方の尖っているはかゆい時に髪を掻く「髪掻(かみかき)」から派生したもの。武士は普段は脇差の鞘に挿しており、主に頭を掻いたり櫛の代わりに用いた。

mone>>

口上

口上(こうじょう)とは、申し立て奉るという意味。結婚での口上といえば、結納の席で仲人や両家の代表が、手順に沿って述べる決まり文句を指す。「幾久しくお受けいたします。」などの独特の言い回しがある。地方によってしきたりが異なる場合があるので、式場や結納品業者に事前に確認しておくとよい。

mone>>

合成石

合成石とは、天然宝石と基本的に同じ組成と構造の宝石材を人為的に作ったもの。宝石材として流通している合成石は、需要の多いスピネル、エメラルド、ルビー、サファイア、オパールなど多種の合成石がある。ほとんどは結晶だが、合成オパールのように非晶質物質(原子に規則的配列がない)もある。メーカーによっては、オパールを除き再結晶という言葉が使われる場合もある。一方、自然界には存在しない結晶を人為的に作ったものを人造石と呼ぶ。

mone>>

コース料理

一般的に披露宴の料理はコースで出される。フランス料理、和食、中華など、料金に応じて何コースか用意されている。フランス料理ならオードブルからデザートまで、和食なら懐石仕立てでふるまわれる。中華の場合、大皿で取り分けるコースと個別に皿盛りされたコースがある。最近は箸で食べられる和風フレンチやイタリアンなど、料理のバリエーションも豊富。料理の追加や差し替えも可能。カジュアルパーティの場合はコース料理でなくビュッフェスタイルも選べる。

mone>>

コード刺繍

コード刺繍とは、コードのような細い紐をいろいろな形に縫い付けて模様を作り、装飾する刺繍のこと。紐の他に、コード状に細く長く処理した布や、毛糸、バイアステープ、モールなどが使われる。生地の上にコードを模様になるように置き、別糸で目立たないように布の上に綴じつけ、模様を立体的に浮き立たせる刺繍である。細かい作業が必要な、手の込んだ技法で、高級な仕様のひとつである。

mone>>

コールズボン

モーニングコートディレクタースーツなど、男性用の昼の礼装服に合わせる、黒とグレイの縦縞柄が入ったズボンのこと。ストライプドトラウザーズ(striped trousers)の日本の呼び名。

mone>>

ゴールド

金(Gold)は原子番号79の元素。元素記号はAu。柔らかく、加工しやすく、重く、光沢のある黄色(金色)をしており、非常に薄くのばすことができる遷移金属である。装飾品として使われる代表的な金属。

mone>>

国際結婚

外国人と結婚すること。近年は婚姻数の約1割が国際結婚である。婚姻届を市町村役場に提出する際に、婚姻要件具備証明書とその日本語訳を添付する必要がある。婚姻要件具備証明書とは、婚姻をしようとする外国人の本国の法律で定めている婚姻の成立要件(婚姻できる年齢に達している、独身であるなど)を満たしていることを証明するもの。日本の戸籍制度には「外国人の戸籍」がないため、婚姻届を提出する際に、相手国政府が証明した公的文書である婚姻要件具備証明書が必要になる。

mone>>

心付け

心付けとは、挙式披露宴にかかわる人に渡す謝礼のこと。介添人、美容・着付司会者、カメラマン、会場のスタッフなど当日にお世話になる人や、受付など手伝ってくれた友人に「本日はよろしくお願いします」の気持ちと幸せのお裾分けとして渡す。金額は3,000円~1万円が相場で、懐紙やポチ袋(祝儀袋)に新札を入れて用意しておく。心付けは必須ではない。会場によっては規則で心付けを受け取らないところもあるので、そんな場合は菓子折りなどを渡す。

mone>>

コサージュ

コサージュ(corsage)とは、ドレスをはじめ婦人服の胸元や襟元などに付けられる生花や造花の花飾りのこと。コサージともいう。一般的に胸につけるものをコサージュと呼び、他の箇所につける場合、ショルダーコサージュ(肩につけるもの)など、体の部位を接頭して呼ばれる。振袖などの和装の時に帯止めのように付けたり、バックなどの小物にも付けたりと、様々なシーンで用いられる。

mone>>

ご祝儀

ご祝儀は、ゲストが持参する結婚のお祝い金のこと。お祝儀と言う人もいるが、正式にはご祝儀が正しい。友人なら1~3万、上司なら3~5万、親族なら5~20万程度と、相場はそれぞれ異なる。慣習的に割り切れない奇数枚のお札を入れるのが礼儀とされる。2万円の場合、1万円札と5千円札2枚をいれて3枚にする。袋の水引も「結び切り」の帯のものを使う。

mone>>

ゴスペル

ゴスペルとは、いわゆる黒人霊歌のこと。現在、日本で一般的に「ゴスペル」と呼ばれているのは、主に1960年代に登場したクワイア(聖歌隊)という形態のものを指す。1760年頃には最初の黒人霊歌が成立したと言われている。

mone>>

ゴスペルウエディング

ゴスペルウエディングとは、ゴスペル音楽で祝福する結婚式のこと。ゴスペルシンガーやクワイヤーアカペラ(無伴奏)で歌うのが特徴。迫力のある歌声で声高らかに歌いあげ、感動的で盛り上がるため人気の演出である。

mone>>

子供料理

お子様料理

mone>>

小槌

小槌(こづち)とは、結納の時に用いられる品。小槌とは、打ち出の小槌のことで、昔から願いごとを念じながら上下に振ると願いが叶うと言われたり、振れば福を生み出し、もう一振りすれば運を生むと、伝えられている縁起物。結納で用いられるものは10cm以下程度の大きさで、松竹梅・鶴など縁起物の絵がかかれており、飾り房が付いている。小槌は結婚後も持ち、正月に飾ると言う風習がある。小槌は、昔話一寸法師にも登場する。福の神の大黒天が袋と共に小槌を持っている。

mone>>

昆布茶

結納で出される飲み物。慶事では「お茶をにごす」「茶茶を入れる」という意味から、煎茶は使わない。変わりに昆布茶桜湯(桜の花の塩漬けを湯に入れる)でもてなす。昆布茶は「喜ぶ」に通じ、桜湯は「花開く」というめでたい意味が含まれる。お菓子を添えるなら、小さな干菓子や松竹梅など縁起のいいものをかたどったものを選ぶ。なお、儀礼的なことが終わったあとで、改めてお茶を入れる時は好みのお茶を供してよい。

mone>>

コマーシャルネーム

コマーシャルネーム(commercial name)とは、合成石人造石を、天然石かと思わせるために付ける名前。商標名。ダイヤモンドに似せた人造石のキュービック・ジルコニアなどが代表的な例。

mone>>

コンチネンタルタイ

コンチネンタルタイ(continental tie)は、クロスタイの別名称。リボン状の短い帯布を襟元で交差(クロス)させ、真ん中をタイピンで留める、フォーマル用のネクタイ。コンチネンタルタイは、「ヨーロッパのネクタイ」という意味。1960年代にヨーロッパで発祥し世界中に流行したため、コンチネンタルタイと呼ばれるようになった。

mone>>

婚姻届

婚姻届は結婚が法律的に認められるための届け出。結婚式を挙げても、法律上は婚姻届を提出しないと、正式な夫婦とは認められない。婚姻時に届出人の本籍地又は所在地の市町村役場に届け出る。窓口は24時間受けつけてくれる。婚姻届に関する必要書類などは自治体によって異なるので、届け出る役所に事前に確認をしておくとよい。また、書類に不備がある場合は受理されないので、記念日指定の入籍をするなら、記入漏れがないか事前に確認を忘れずに。

mone>>

婚姻要件具備証明書

婚姻要件具備証明書とは、婚姻をしようとする外国人の本国の法律で定めている婚姻の成立要件(婚姻できる年齢に達している、独身であるなど)を満たしていることを証明する書類。相手国政府が証明した公的文書である。日本の戸籍制度には「外国人の戸籍」がないため、婚姻届を提出する際に、婚姻要件具備証明書が必要になる。戸籍謄本(台湾・韓国)、未婚公証書(中国)、婚姻記録不存在証明書(フィリピン)、などの文書が婚姻要件具備証明書にあたる。

mone>>

コンパーチブルカフス

コンパーチブルカフス(convertible cuffs)とは、袖口の両方にボタンホールがあり、片方にボタンが付いているカフス。ボタンでもカフスボタンでも留めることができる両用スタイルのもの。コンパーチブルとは「変換できる」という意味。

mone>>

コンビリング

1本のリングで2種類以上の素材を使ったリングのこと。コンビリングは日本語の造語である。純金・プラチナピンクゴールドホワイトゴールドなどの地金が使用される。金とプラチナを使った組み合わせが一般的。金とホワイトゴールド、金とピンクゴールドの組み合わせや3色のコンビリングなどバリエーションも多い。また、マットなものと光沢のあるものなど異なる質感で仕上げたコンビリングもある。

mone>>

子生婦

子生婦(こんぶ)とは、結納品のひとつ。昆布のこと。昆布は「よろこぶ」の語呂合わせから、古来から祝い事に欠かせない縁起物。また、昆布は成長が早く繁殖力が強いことから、子宝に恵まれ子孫繁栄を意味する。「立派な子供を産み、よい母になるように」という願いを込めて「子生婦」という字が当てられている。嫁入りの場合は「子生婦」、婿養子の場合は「子生夫」「幸運夫」と書く場合もある。

mone>>

婚約

結婚の約束をすること。略して婚約ということが多い。結納や両家顔合わせ、お食事会を設けて婚約とする場合が多いが、結納婚約式をしなくても、プロポーズや二人の間の口約束だけでも婚約は成立する。婚約の証として新郎から新婦へ婚約指輪を渡したり、新婦からは時計やスーツなどを婚約記念品としてお返しする。婚約の主な形には以下のスタイルがある。

mone>>

婚約記念品

婚約の印として贈る品。婚約指輪を含めて相互に贈りあう品を広く指す。品物に決まりはなく、新郎から新婦へは婚約指輪を贈るのが一般的で、新婦から新郎へのお返しは、婚約指輪の半分程度の金額で、時計やスーツなどを好みで選んで贈ることが多い。結納は行わず、婚約記念品を交換するだけのカップルも増えている。

mone>>

婚約式

婚約式とは、キリスト教の婚約の儀式。二人は、聖職者の立ち会いのもと、神様と参列者に誓いをたて、誓約書にサインをする。日本ではあまりポピュラーな形ではないが、欧米では一般的な婚約のスタイル。婚約式の後、親しい人を招いて、カジュアルな婚約披露パーティを行うこともある。キリスト教会式で結婚式を挙げる予定の人は、教会に相談してみるといい。ホテルや式場のチャペルでも婚約式プランを設けている会場もある。

mone>>

婚約通知

婚約した旨を周囲の人に知らせること。婚約発表。一般的に婚約通知状を出すが、最近はメールや電話で知らせる場合もある。婚約通知状を出す先は、親戚や恩師・先輩・友人・知人など。年賀状や暑中見舞いを出す範囲と考えればよい。欧米では、婚約通知状による婚約発表は常識化した方法の一つ。新聞の広告欄で発表することもある。

mone>>

婚約指輪

婚約のとき、男性から女性へ贈る指輪。婚約の印。エンゲージリングとも呼ばれる。結納では「優美和」、「結美和」など雅語の当て字を用いる。婚約指輪として人気が高いのがダイヤモンド。地上でもっとも硬いダイヤモンド、その硬さは固い絆と永遠の愛情を、無色透明は純粋無垢な心を象徴しているとされる。日本ではダイヤモンドの立爪タイプのリングが婚約指輪の定番。ダイヤモンドを埋め込んだリングや、結婚指輪と合わせてデザインされたセットリングなど、最近はデザインも豊富。誕生石のリング、エタニティリングを贈る人も。

mone>>

[ 戻る ]

50on_こをショッピング検索

50on_こをサイト内検索

50on_こを外部検索