五十音 >

蛍光性

蛍光性(fluorescence)とは、ダイヤモンドが長波紫外線に対して発光することをいう。蛍光はほとんどは青色に発光するが、黄色、橙色、赤色等に発光するものも稀にある。ダイヤモンド全体の約65%には蛍光性はない。GIA(アメリカ宝石学会)では、N(蛍光性なし)から、F/FB、SL、S、EF(極端に強い蛍光性)までのランク分けをしている。蛍光性が強いと紫外線を含む太陽光の元では曇って白っぽく見えるため、クラリティ(透明度)に影響を及ぼす。しかし、カラーのグレードの低いイエローダイヤモンドの場合は、そのブルーがイエローを打ち消してくれて、見た目が逆に良くなることもある。

mone>>

迎賓

披露宴会場の入口にて新郎新婦がゲストを迎え入れること。軽い会釈程度で応対し、話し込まず、あまり時間をかけないように気をつけるとよい。少人数の披露宴に適している。「お迎え」ともいう。両親や媒酌人も共に挨拶する場合もある。

mone>>

迎賓ギフト

迎賓ギフトは、披露宴の入り口にて新郎新婦がゲストを迎えながら渡すギフト。披露宴の食事で使用できる箸などのプチギフトや、席次表を手渡しする。二人からのメッセージやプロフィールなどを一緒に添えて渡すと、披露宴が始まるまでの間ゲストも楽しめる。逆に披露宴が終わった後、ゲストを見送りする時に渡すのは送賓ギフト。一般的にプチギフトと言うと送賓ギフトを指す。

mone>>

ケーキカット

ウエディングケーキに新郎新婦が入刀する演出披露宴定番の演出で格好のシャッターチャンスでもある。セレモニー用の大きなケーキはケーキカットの部分だけクリームになっている。生ケーキケーキカット後、デザートとしてゲストに振舞われる。セレモニー用ナイフやケーキ周囲の装花は別料金になることが多い。乾杯の前に行われることが多いのは、ケーキカットのセレモニー後にゲストが写真撮影をしている間にスタッフがシャンパンを注いで回るためでもある。

mone>>

ケーキサーブ

ケーキサーブは新郎新婦が切り分けたケーキをゲストにサーブする演出ウエディングケーキを入刀した後、デザートビュッフェで行われることが多い。一般的に、スタッフが人数分のカットを済ませ、サーブのみを新郎新婦が行う。ゲストには新郎新婦のもとへケーキを取りに来てもらう。配る際にゲスト一人一人とコミュニケーションが図れて、ゲストも席を立ついい機会になる。

mone>>

ケーキシェアリング

ファーストバイト

mone>>

ケーキチャーム

チャーム(charm)とは本来魔除け、お守りを意味する。小指の先ほどの大きさの金属製のミニチュア。チャームには数多くの形があり、それぞれに意味を含ませてお守りとして使われる。

mone>>

ケーキデコレーション

ケーキデコレーションは、ゲストにウエディングケーキをデコレーションしてもらう演出生ケーキ限定。土台だけで未完成のウエディングケーキを用意しておき、披露宴開始前や中座時などに、ゲストの手で飾り付けをしてもらう。新郎新婦がケーキカットした後は、デザートとしてゲストに振舞われる。飾り付けにはフルーツやチョコペンなどが使われる。

mone>>

ケータリング

ケータリング(catering)とは、自店舗以外の場所に出向いて食事を配膳、提供するサービス業。出張料理のこと。本来のケータリングの意味は顧客の指定した場所へ、調理設備を備えた車両などで出向いたり、現地の厨房施設を利用して、その場で調理をして食事を提供することである。しかし、日本では、レンタルスペースや庭園など、付随の調理施設がない会場の場合に、プロの料理人がレストランで料理を下ごしらえをして持ってくるか、あるいは作ったものを運んでくれることを指すことも多い。また、食べ物を準備するだけではなく、食卓を用意することも業務内容に含まれる。ケータリングは、航空機内で乗客に食事を提供することを意味する用語でもある。

mone>>

ケープカラー

ケープカラー(cape collar)とは、肩から上腕を覆う大きい襟のこと。まるでケープを掛けた様な襟のこと。首を長く見せる効果がある。胸元が隠れるため、胸の小さい人にも適したデザイン。ケープの語源はラテン語の「カッパcappa」からで、「合羽」の語源でもある。

mone>>

ゲストテーブル装花

卓上装花

mone>>

ゲスト名入れ

ゲスト一人一人の名前を刻んだアイテムを用意すること。ゲストの名前を記入した品物を引き出物として贈ること。ゲストの名前入りのワインボトルやグラスをテーブルに置いておき、席札として利用し、披露宴後は引き出物として持ち帰って頂くという演出もある。一人一人個別に名前を入れることで、おもてなしの心がよりいっそう伝わるはず。

mone>>

ゲストハウスウエディング

ウエディングにおけるゲストハウスとは、イギリスのマナーハウスを意味する。マナーハウスとは、イギリスの荘園領主の屋敷のこと。自領地内の郊外にて、豊かな自然の中に建てた伝統的なカントリーハウスのなかでも、特に贅を凝らした建物を意味する。貴族たちがゲストへのおもてなしとして、狩猟や乗馬、ゴルフやフィッシングなどに興じるために邸宅を開放した施設。現代では、こういった当時の貴族の館を利用したホテルがイギリス各地にある。

mone>>

ゲストブック

結婚式・披露宴に来て頂いた人々に名前を書いてもらう芳名帳(芳名帖)のこと。受付に置いてゲストに名前や住所を書いてもらう。招待客にカードを配り、連絡先とメッセージを書き込んでもらって後で回収するケースもある。普通は、新郎側用と新婦側用の2冊用意する。また、記入用の筆ペンやサインペンなどは、会場で貸してもらえず自分たちで数本用意する必要がある。最近は洋風のゲストブックも増え、それに合わせてペンやペンスタンドまでコーディネートするこだわりカップルも増えている。また、無地のぬいぐるみの体にサインして貰うこともある。

mone>>

月下氷人

月下氷人(げっかひょうじん)とは、仲人媒酌人のこと。故事の「月下老人」と「氷人」との合成語。

mone>>

結婚記念日

結婚記念日とは、結婚1年目から60年目(または75年目)にお祝いする欧米の習慣。結婚20年目までは毎年、それ以降は5年毎の結婚記念日に名称が付けられている。名称は国や地域で異なるが、共通して柔らかい物から硬い物・価値ある物へ移っていく。これは夫婦の関係が堅固で尊いものになっていくことを象徴している。その名称にちなんだ贈り物を夫から妻へ贈り祝う。

mone>>

結婚許可証

アメリカにて結婚する際に、法定結婚式(リーガルウェディング)では、事前に婚姻許可(マリッジライセンス:marriage licenece)を自治体に申請して発行してもらう必要がある。発行には手数料が掛かるが(州によって金額は異なる)身分証明書等は必要ない。半数程度の州で血液検査や性病検査などが義務付けられている。婚姻許許可書には有効期限があり(州によって期間は異なる)、その間に結婚式を執り行わなければならない。結婚式を司式できるのは、牧師神父、裁判官などの特定の人物に限られており、他に証人が2人必要となる。

mone>>

結婚講座

教会で式を挙げる際に、事前に教会へ足を運びキリスト教について学ぶこと。キリスト教信者以外(ノンクリスチャン)で、街の教会(本物の)でキリスト教式を希望する場合、結婚講座への出席を義務づけているところが多い。内容はキリスト教の基礎知識から、キリスト教における結婚観、結婚式について、結婚生活や夫婦のあり方などを学ぶ。講座の回数は教会によって異なるが、毎週1回、1~3ヶ月程度通う必要がある。合わせて日曜礼拝への出席を求められることも多い。ホテル・式場内チャペルの場合は、結婚講座はなく、挙式直前の5分程度の説明で終わることが多い。

mone>>

結婚シーズン

日本の結婚シーズンは、4~6月・10~11月。この時期の連休や大安の土・日・祝日は予約が集中する。このオンシーズンはパック料金も割高。人気の会場は1年前に予約が埋まってしまうこともある。この時期に結婚式を考えている人は早めに行動開始しよう。

mone>>

結婚証明書

教会式や人前式で、新郎新婦がサインする結婚の証明書。日本では特に証明書自体に法的な効力はなく、いわば儀式・演出のひとつで、記念の品としても人気がある。キリスト教会式では神に婚約を誓い、新郎新婦と牧師がサインするのが普通。アメリカなどでは、これが公式な書類となり、役所でも通用する。

mone>>

結婚誓約書

結婚証明書

mone>>

結婚報告はがき

友人や知人、親戚などに、ふたりの結婚の報告と共に新居案内を兼ねて出す葉書を言う。結婚式に出席しなかった人向けに出すのはもちろんのこと、結婚式のゲスト宛てに記念写真としてお礼の一言を添えて出す場合もある。結婚式で撮影した写真を利用してデザインしてくれる製作会社に依頼する人も多いし、手作り派も多い。結婚報告はがきは出来れば結婚式後1ヶ月以内には出すのが礼儀。また、年賀状や暑中見舞いのハガキと兼用してもいい。切手代も含めるとかなりの金額になるので事前に予算を組んでおくとよい。

mone>>

結婚指輪

マリッジリング

mone>>

ケミカルレース

ケミカルレース(chemical lace)とは、化学処理により立体感のある複雑な模様を浮き出させたレースのこと。以前は、綿布に刺繍を施し化学薬品で綿布を溶かして作っていたため、ケミカル(化学的)という名前の由来になった。現在では、水溶性の糸で織られた下生地に刺繍を施し、お湯で基礎となる縫い生地だけを溶かして、刺繍糸だけのレースに仕上げる機械レースである。海外では、ギュピールレースやギューパーレースとも呼ばれている。ケミカルレースは、安価で、他のレースと異な1つずつカットできるところから、洋服の襟などに、ワンポイント的に使ったり、カットして縁飾りなどに用いたりする。ウェディングドレスをはじめ、小物やインテリアなどにも多用途に用いられている。

mone>>

弦楽四重奏

弦楽四重奏とは、4種類の弦楽器を使って演奏する音楽。ヴァイオリン属4本の楽器からなる合奏形態を指す。主に第1ヴァイオリン・第2ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの4本によって構成される。弦楽四重奏曲は一般に、複数の楽章から成り、多くは交響曲やソナタと同様、急-緩-舞-急の4楽章から成っていて、第1楽章がソナタ形式となっている。弦楽五重奏は、通常の弦楽四重奏にさらに、ヴィオラをもう1本増やした編成と、チェロをもう1本増やした編成の2種類がある。まれにコントラバスを加えた編成もある。生演奏の中でも料金は割高だが、格調高いエレガントな雰囲気が演出できる。

mone>>

献金

献金とは、一般の教会での挙式料のこと。挙式を事業として行っていない教会の場合、挙式料献金として寄付をする形式をとる。牧師神父)・演奏者・聖歌隊への謝礼、施設使用料、祭壇装花代、装飾代などの実費に、謝礼を含めた額を寄付する。寄付名目なので金額は気持ち次第だが、目安が分からない場合は、教会に事前に相談した方がよい。ホテルや式場などでの挙式料金は10~20万円程度。神社の時は「初穂料」、お寺では「御法礼」とする。

mone>>

現地パーティ

海外挙式先で行うパーティのこと。海外挙式に同行してくれた親族や友人と、挙式後に宴席を設ける。披露宴よりもカジュアルなパーティ。有名レストランや邸宅の庭などを借り切ったり、船上パーティなど、海外ならではのパーティも可能。海外挙式プロデュース会社にて各種プランが用意されており、現地に詳しいスタッフが様々なシチュエーションを手配してくれる。

mone>>

[ 戻る ]

50on_けをショッピング検索

50on_けをサイト内検索

50on_けを外部検索