五十音 >

帰国後パーティ

海外挙式したカップルが帰国後に行う結婚報告パーティ。海外での挙式は親族と親しい友人のみで行われることが多いため、挙式に招待しなかった方々に後日改めて結婚披露を行う。レストランで会費制で行われるのが主流だが、ホテルや式場の少人数プランを利用する方法もある。

mone>>

着付

着物を身に着けて貰うこと。身仕度を整え、下着から上着の着方、衿の出し方、帯の締め方まで、きもの姿を美しく整えること。支度とも言う。また、和装のヘアメイクのことを美粧もしくは美容といい、美粧着付と合わせて言う場合も多い。

mone>>

記念写真

スタジオ(写真室・写場という)で中版カメラで撮る写真のこと。フォーマル写真ともいう。新郎新婦の2ショットを2~3カット、新郎新婦の家族、両家親族の集合写真を撮るのが一般的。スタジオだけでなく、庭や式場の絵になる空間でロケーション撮影する場合もある。六つ切りサイズ(203mm×254mm)や、四つ切サイズ(254mm×306mm)に引き伸ばされ、台紙やアルバムに装丁される。一般的に撮影したポジフイルムを貰うことは出来ないため、焼きましは別途追加料金が必要になる。また、挙式披露宴を普通のスチルカメラで撮影するのは「スナップ写真」と呼ばれる。

mone>>

決め酒

結婚の話がまとまると、結納の前の吉日(大安友引の午前中)に結納を決める仮約束をする。仲人または男性の親が酒と寿留女(するめ)を持参して女性の家を訪ね、正式に結婚の承諾を得る。この風習は前祝い的な盃事で、全国的に行われており、決め酒と呼ばれる。地方によって呼び方は異なり、「樽入れ」「たもと酒」「徳利」などと呼ぶ場合もある。寿留女(するめ)の代わりに鯛一尾(地方により雌雄一対の場合も)を持参する地方もある。

mone>>

ギャザー

ギャザーとは寄せる、集める、縮めるという意味。ギャザーとは、布の一端のみを縫い縮めてひだを作る技法のこと。またはそのひだ自体を指す。ギャザーは、ウエスト、切替え下、袖口、襟刳などに扱われる。タックやプリーツはひとつひとつの折りをしっかり出しているのに対し、ギャザーは、単に布を縫い縮めているだけなので、折り皺が途中で消える。ギャザーはヒダの幅や山が小さく、ふんわりとやわらかく華やかな表情が出る。

mone>>

キャスケードブーケ

キャスケードブーケとは、上から下に流れる、逆三角形のラインを描くデザインのブーケ。キャスタードとは「小滝」の意味。上部にボリュームを持たせたせ、滝の流れのように下へ蔓や花を垂らした眺めは、華麗な美しさで花嫁のブーケの定番。本来、教会式ではこのタイプを持つのが正統とされている。上半身は身体に沿ったデザインで下半身にはボリュームがあるという、プリンセスラインまたはAラインや、トレーンを長くひくようなウエディングドレスと相性がいいブーケ。ウェストよりもやや低めに持つとバランスがよい。

mone>>

キャプテン

キャプテンとは会場責任者のこと。ウエディングプランナーは、会場を決めてから結婚式当日まで、結婚式に向けて事前準備・手配をサポートしてくれる婚礼担当者として二人の相談窓口になる。キャプテンは結婚式当日に結婚式披露宴の現場を仕切るリーダーで、二人が決めたプログラムどおりに進行するようにスタッフにディレクションを与える。ディレクターと呼ぶ場合もある。

mone>>

キャンセル料

予約していた式場の使用をキャンセルすると発生する料金のこと。会場によって異なるが内金を入れ、本予約した後はキャンセル料が発生する。挙式予定日に近くなるほどキャンセル料金も高くなる。前日キャンセルは全員の食事代も取られてしまう。

mone>>

キャンドルサービス

キャンドルサービスとは、新郎新婦が火の点いたトーチを手にゲストの各テーブルを回り、卓上のキャンドルに火を点していくセレモニー。お色直しの後の再入場の際によく行われる定番の演出。ゲストに挨拶をして回り、写真撮影など触れ合うことができる。最後にメインテーブルサイドの大きなキャンドル(メモリアルキャンドル)に点灯する。

mone>>

キャンドルリレー

ゲストがキャンドルの灯を繋いでいき、最後に新郎新婦が灯をもらってメインキャンドルに点火するセレモニーのこと。一人一人リレーのように火を伝えていくことからキャンドルリレーと呼ばれる。リレーキャンドルともいう。

mone>>

キャンドルロード

キャンドルロードとは、チャペルのエントランスやガーデンなどにキャンドルを列に並べてレイアウトしたり、ゲストがキャンドルを手に持って列になったりして、炎の光の道を作ること。キャンドルの光に照らされながら、新郎新婦が入退場する幻想的な演出ナイトウエディング披露宴で照明を暗くして行われる。

mone>>

九品目

結納品のこと。一般的な結納品九品目が正式と言われる(九州では十一品目や十五品目)。略式結納の場合は七品目、五品目、三品目。いずれも割り切れないようにという意味で奇数品目である。正式な品目の数は地域によって異なるので確認が必要。

mone>>

挙式

結婚の儀式を行うこと。教会式神前式仏前式の宗教理念に基づいた伝統的なスタイルに加え、最近は無宗教の人前式スタイルも人気。人前式には全日本ブライダル協会認定の司式者(シビルウェディングミニスター)が執り行う厳粛な挙式スタイルもある。海外挙式では、リーガルウェディング(現地の民法に則った挙式スタイル)や教会でのブレッシング式(キリスト教の教義に則って、司祭が未信者のカップルに祝福を与える結婚祝福式)などがある。

mone>>

挙式料

挙式料は、チャペルや神殿での挙式にかかる料金。教会式の場合、牧師神父)への司式料、オルガン奏者、装花、施設使用料などを含む、会場によっては、装花、聖歌隊への謝礼結婚証明書などはオプション料金となる。また式次第を印刷する費用が別途かかる。フラワーガールフラワーシャワーバブルシャワーなどの演出を行う場合も追加料金が発生する。キリスト教会で挙式の場合、挙式料を「献金」としている教会が多い。神前式では初穂料玉串料と呼ぶ場合もある。

mone>>

キリスト教式

教会やホテル・式場のチャペルで挙げるキリスト教の教義に則した結婚式のこと。キリスト教は大きく、カトリックとプロテスタントの2つの宗派に分けられる。

mone>>

金属アレルギー

金属アレルギーとは、金属によって皮膚が炎症を引き起こすこと。正式にはアレルギー性接触皮膚炎と言う。赤くなる、ただれる、かぶれるなどの症状がでて、かゆみを伴い、ひどくなると痛みを感じることもある。ニッケルやコバルトなどの、低品度とされる金属ほど金属アレルギーを起こしやすい。純金(K24)や純プラチナ(pt1000)、チタン素材などでは、比較的起こりにくい。

mone>>

金屏風

金屏風(きんびょうぶ)とは、新郎新婦が座る高砂席(メインテーブル)の後ろやゲストの送迎時に立てられる、金色の屏風のこと。主に無地の金屏風が用いられる。無地金屏風は、対象物を更に美しくビジュアル的に演出するための日本古来の伝統的な演出方法。金屏風にはオブジェ用の小さいものもある。

mone>>

[ 戻る ]

50on_きをショッピング検索

50on_きをサイト内検索

50on_きを外部検索