五十音 >

アーム

リングの留め金や指を通す金属の輪の部分をアーム(腕)、あるいは腕・シャンクという。毎日つけるならある程度厚みのあるものを選ぶ方が望ましい。リングの印象はアーム、宝石をのせる台の石座、アームを繋げる部分のショルダー(肩)とのバランスで変わる。

mone>>

アームブーケ

アームブーケとは、カサブランカやカラーなど、背が高い花材のシャープな茎のラインをそのまま活かし、自然な感じに束ねたデザインのブーケクラッチブーケよりも細長く束ねた場合アームブーケと呼ぶ。直線的な形がスレンダーなウエディングドレスに映え、スタイリッシュな印象。腕に抱えて持つのでこのように呼ばれる。ウエディングドレスは大人っぽいスレンダーなシルエットや、スタイリッシュでシンプルなものが似合う。

mone>>

アーメン

アーメン(amen)とは、ヘブライ語に起源を持つ言葉で、「本当に」「まことに」の意味。原意は「安定」である。一般に祈りや賛美歌の終わりに置く言葉として、キリスト教において「神様に同意します」「そのとおり」「私もそう思う」という意味で使われている。牧師が「アーメン」と言ったら、参列者も続けて「アーメン」と言う。日本においては、歴史的に「アーメン」と記述され、また発音されているが、欧米における発音は「エーメン」もしくは「エィメン」に近い。

mone>>

アイテム

婚礼アイテム結婚式、披露宴で用いられる品目や項目のこと。基本的なものはパックプランに含まれている。オプションで追加したり、グレードをアップしたり、自由に選択できるようになっている。

mone>>

アカペラ

アカペラ(a cappella)とは、イタリア語で「聖堂風の、教会風の」という意味で、無伴奏で合唱・重唱すること、またはそのための楽曲を言う。イタリア語の「a」は英語の"in"や"at"などに相当し、「cappella」は教会の意味。

mone>>

アクアイリュージョン

アクアイリュージョンとは、二種類の液体を混ぜることによって起こる科学反応を利用した幻想的な演出。透明な液体をもう一つの液体が入ったところに入れると、綺麗にブルーに発色する。ゲストテーブルに置いたり、シャンパンタワーの変わりに用いたりする。アクアファンタジア、ルミファンタジア、シュクレファンタジー、アクアキャンドルなどと会場によって呼び名も様々。

mone>>

アクアキャンドル

アクアキャンドル(aqua candle)とは、水を入れたガラス器に、キャンドルを浮かべたもの。高砂テーブルやメインキャンドルの周りに飾ったり、ガーデンパーティーにも幅広く用いられる。二種類の液体を混ぜることによって起こる科学反応を利用したアクアイリュージョンのことをアクアキャンドルと呼ぶ場合もある。

mone>>

アジャスタブルカフス

アジャスタブルカフス(adjustable cuffs)とは、袖口にボタンが2個並んで付いており、カフス周りのサイズ調整ができるようになっているカフス

mone>>

アシンメトリー

アシンメトリー(asymmetry)は、左右非対称、不均衡という意味。左右対称をシンメトリーといい、その反対。右袖があって左袖はないなど、左右によって形状が違うドレスのこと。左右対称でなくても全体にバランスがとれているデザインで、ダイナミックな美しさがあり、ソフトな優美さも兼ね備えている。片方だけに肩紐があるワンショルダーのドレスや、スカートの切り替えが斜めのドレス、レースなどの装飾が片側のみに付いているドレスなどがある。

mone>>

アスコットタイ

フロックコートモーニングコートなど、男性の昼用正礼装に用いる、結んだ時にスカーフのように見える幅広のネクタイ。結んだ形が蝉(せみ)に似ていることから蝉形ネクタイとも呼ばれる。着用時には真ん中の部分をスティックピン(長い針状のピン)を用いて留める。

mone>>

アッシャー

アッシャーキリスト教式でゲストを式に案内したり、花婿の付添いで身の回りの世話や、結婚式の進行のサポートをする男性。新郎の兄弟や友人など近い間柄の未婚男性を2名から5名ぐらい選びお願いする(新婦側と人数を揃える)。衣装は新郎が用意する。

mone>>

アッシャー

アッシャーasscher)は、ダイヤモンドカットなどを手がけるオランダの名門宝飾会社の名前。正式にはロイヤルアッシャー(Royal Asscher)社といい、1854年に設立され、2004年には創業150周年を迎えた。1980年にはダイヤモンド業界として唯一「ロイヤル」の称号をオランダのユリアナ女王陛下より授かり、また2000年にはロイヤルアッシャーカットを開発し、特許を取得している。

mone>>

アテンド

アテンダーとも言う。英語的に言うと、正しくは「アテンダント」("attendant"「付き添い人・世話人」の意味)。挙式披露宴の際、常に花嫁のそばにいて、面倒を見てくれる花嫁介添人のこと。着慣れない衣裳で、動くこともままならない花嫁のために、ハンカチを渡したり、手袋を受け取ったりと身の回りの世話や、移動・写真撮影・時間管理などをサポートしてくれる。何か困った時には一声掛けると不安を解消してくれる、心強いサポーターです。英国では付添の子供の意。

mone>>

後撮り

結婚式の後改めて、写真などを撮影すること。反対に結婚式前に撮ることを「前撮り」という。また前後関係無く用いる「別撮り」という言い方もある。

mone>>

アトリウム

アトリウムの由来は、屋根の中央部に天窓を設け、床に石を敷き、中央に雨水を受ける水盤を置いた、古代ローマの邸宅の玄関奥にある天窓付き中庭のこと。現代では、ガラス張り天井などで吹き抜けがある広い空間を指す。広義的に前庭や広間を含める場合もある。明るく開放的な雰囲気で、植物を配し屋内庭園のようになっている。最近はホテルやレストラン、空港などの公共施設の吹き抜けに祭壇を設けて行うアトリウムウエディングが人気。

mone>>

アトリウムチャペル

アトリウムウエディングともいう。ホテルなどのエントランスやアトリウムのスペースに祭壇を設置し、チャペルにみたせて行う挙式のこと。アトリウムチャペルでの挙式は、通常のチャペルにはない開放感があり、本来のキリスト教式挙式と同様に、通りがかりの人にも祝福してもらえるのが特徴。

mone>>

アペリティフ

フランス語で「食前酒」という意味。英語ではアペタイザー(Appetizer)ともいうが、現在ではフランス語のアペリティフを用いることが多い。ノドをうるおし、食欲を増進する効果がある。

mone>>

アメリカンスリーブ

首の根元近くから肩が広くあいた袖のラインで、首から袖ぐりの下まで、斜めに大きくカットされたノースリーブ型のデザイン。前から見るとホルターネックに似ているが、後ろにも前と同様の身頃が付いている点が異なる。スタイリッシュなイメージを与え、袖ぐりが大きく開き、肩から腕にかけてのラインを美しく強調してくれるデザイン。ノースリーブと異なり首が支えるてくれるので、なで肩でもストラップがずれる心配がない。肩幅がしっかりある人向き。名前の由来はアメリカ風の開放的な雰囲気を感じさせることから命名された。

mone>>

アンサンブルドレス

ボレロとドレスなど、組みあわせて着用するひと揃いになっているドレスのこと。

mone>>

案内状

招待状

mone>>

アンピールライン

バストの下すぐにスカートと身頃の切り替えがあり、裾に向かってゆるやかに広がっているスカートがシンプルなラインのドレス。ハイウエスト切り替えのため、流れるようなシルエットが細く長く見えるので、小柄な方に適している。また、バスト下はボリュームは少ないがシルエットがはっきりでないので、ボディラインを気にする方にオススメ。マタニティウエディングにも着用できる。

mone>>

[ 戻る ]

50on_あをショッピング検索

50on_あをサイト内検索

50on_あを外部検索