ジュエリー > 鑑定

鑑定機関

ダイヤモンド鑑定機関は日本国内では、AGL(宝石鑑別団体協議会)に加盟する鑑定機関(業界用語でA鑑と言う)が特に信頼性が高く、GIA(米国宝石学会)基準をベースとしたAGL基準で厳正に鑑定されている。具体的には、CGL(中央宝石研究所)、GAAJ(全国宝石学協会)、DGL(ダイヤモンド・グレーディング・ラボラトリー)、GTC(日本ジェム・テスティング・センター)、などが、AGL基準のダイヤモンドルース鑑定機関として市場での信頼性が高く、良く使われている。ただし、鑑定機関により評価基準が微妙に異なるため、同じダイヤでも結果が異なる場合もある。

GIA-JAPAN(AGTジェム・ラボラトリー)だけは、AGL基準ではなく、GIA(米国宝石学会)基準でグレーディングを行っており、その厳格さで定評がある。AGTのカット表示はGIAクラス別ガイドラインに準ずるクラスの表記と、AGT独自基準の日本国内通称表記(EX,VG,Good,Fair)でGIA基準での表記とは異なる。

鑑定機関をショッピング検索

鑑定機関をサイト内検索

鑑定機関を外部検索