演出 > 披露宴

鏡開き

鏡開き(かがみびらき)とは、日本酒が入った樽を、新郎新婦が小槌で叩いて開ける演出。「鏡」は古来より、物事を映し出すということから、祭事に、権威や宝物の象徴として用いられてきた。また、丸い平らな形状から円満、豊かさも意味するようになる。

鏡開きの儀式は徳川四代将軍家綱が戦に備え、諸大名を城に集め、先祖の甲冑の前に鏡を飾って出陣の舞を舞い祝宴をしたことに由来すると言われる。つまり出陣の際の必勝祈願として用いられたものである。また、昔武士が出陣の時に酒樽を割って、武運を祈って飲んだと言う説もある。酒樽の丸さと神鏡の形をなぞらえ、酒樽の上蓋はその形から鏡と呼ばれており、日本酒の表面を鏡に見立てて酒樽を割ることを鏡開きと言う。慶事なので「割る」という言葉は忌み言葉のため、「鏡を開く」と呼ぶようになった。また「開く」は末広がりも意味する。

結婚披露宴で行われる鏡開きは、結婚する二人の新たな出発に際し、健康や幸福などを祈願しその成就を願うという意味がある。日本酒はその場でゲストに振る舞われる。ちなみに樽の蓋は簡単に開く仕組みになっている。

鏡開きをショッピング検索

鏡開きをサイト内検索

鏡開きを外部検索