結納 > 書類

釣書

釣書(つりしょ)は、見合いの時などに取り交わす、身上書親族書を指す。釣り書、釣り書き(つりがき)ともいう。釣書には、身上書(もしくは履歴書と家族書)と親族書を封入し、仲人を介して先方に渡す。白無地の上質封筒を用いて、水引熨斗は付けない。

釣書は血縁関係などを示す「系図」を意味し、氏名と氏名を線で結んだ様が文字をつるしたように見えることが由来とされる。 見合い結婚、すなわち媒酌結婚は武家社会が起源で、武家の間で縁談の際に互いの系図を交換していたため、こうした呼び名が残っているとされる。本当は「釣書」ではなく「衡書」。つまり、両家の家柄のつりあいが取れるかどうかを事前に調べるためものであった。

身上書に書く内容は、氏名・生年月日・本籍・現住所・学歴・職歴・身長・体重・趣味・特技・資格、家族の氏名・生年月日・職業・学歴・両親の出身地など。身長・体重・特技・資格・家族の学歴、出身地などは書かれていない場合もある。

結納 > 書類
目録  受書  釣書  家族書  身上書  親族書

釣書をショッピング検索

釣書をサイト内検索

釣書を外部検索