披露宴 > コーディネート

金屏風

金屏風(きんびょうぶ)とは、新郎新婦が座る高砂席(メインテーブル)の後ろやゲストの送迎時に立てられる、金色の屏風のこと。主に無地の金屏風が用いられる。無地金屏風は、対象物を更に美しくビジュアル的に演出するための日本古来の伝統的な演出方法。金屏風にはオブジェ用の小さいものもある。

屏風は風を屏(ふせ)ぐと書くように、室内の風除け・パーテーションとして用いられるばかりでなく、絵や書を貼り付けて観賞用にも用いられる。不要の際には折り畳んでしまい込むことのできる、開閉自在の装飾家具として活用されてきた。屏風はそもそも中国に由来し、漢時代の書物に既に登場するほどの歴史がある。

最近は金屏風の代わりにジョーゼットを使ったり、高砂席を作らずゲストと同じ高さに座るカップルも多い。金屏風はプランに含まれるが、ジョーゼットに変更すると追加料金を取られることも多い。

金屏風をショッピング検索

金屏風をサイト内検索

金屏風を外部検索