挙式 > その他

誓いの言葉

挙式にて新郎新婦が永遠の愛を誓う言葉。

キリスト教式では、牧師神父誓いの言葉(「健やかなる時も病める時も…愛することを誓いますか。」といった内容)を読み上げた後について、「誓います。」と神の前で宣言することで結婚を誓う。新郎が宣言した後、同様の内容で新婦も宣言する。

神前式では、誓詞(新郎新婦の連名で綴った誓いの言葉。)を読み上げることにより神に結婚を誓う。この儀式を誓詞奏上(せいしそうじょう)という。誓詞は主に新郎が読み、新婦は自分の名前のみを読み加える。

仏前式では、宗派や寺院により異なるが、主に誓詞を朗読することで仏様に結婚を誓う。司婚僧が司婚の辞を読み上げ、続いて新郎新婦が誓詞を朗読する(誓詞朗読)。その後、新郎新婦は念珠を左手に下げ、右手で焼香して合掌を行う。

人前式では列席者の前で結婚を誓う。誓いの言葉や手順は特に決まっておらず、新郎新婦が自分たちの考えた言葉で述べる場合が多い。

誓いの言葉をショッピング検索

誓いの言葉をサイト内検索

誓いの言葉を外部検索