和装 > 髪型

角隠し

角隠し(つのかくし)とは、花嫁の文金高島田の髪の上に被る帯状の白い布。袷仕立ての長方形の白絹を髪に留られるようにしたもの。髪を結っていてもすっぽりと額ほどまで覆いかぶさる大きさ。挙式披露宴白無垢、色内掛を着用の際に使われる。綿帽子は袷仕立ての白絹を袋状に仕立てたもの。

角隠しの由来】
角隠しの由来には数多くの説ある。

  • 角隠しには「角を隠して夫に従順に従う」という意味が込められている。 その昔、女は嫉妬に狂うと角が生え鬼になる、という言い伝えがあり、鬼になるのを防ぐおまじないとしてお寺に参る際に角隠しをかぶったことが由来とされる説。
  • 昔、宮中に仕える女性が髪の毛を長い布で包み上げ、前で結んでいた巻き方を「桂巻き」と呼び、その女性たちの事を「桂女(かつらめ)」と呼んでいた。桂女はいわゆる巫女のような存在で、祝い事などがあると出向いて行き、祝い言を述べたり、お祓いなどをしていた。また、位の高い人が行う「結婚の儀」の際にもお供として付いて行った。後に結婚式を挙げる側の女性が被る衣装となっていったとされる説。
  • 神に仕える聖女は白ずくめの装束で、角隠しもその一つとして考えられ、結婚式でも神を祭る際にこれを着用したという説。
  • 結婚する相手以外に顔を見せないという習慣によるもの。
  • 昔、女性が外出する際にほこりよけとして髪を覆ったものが花嫁衣裳にも取り入れられたとされる説。
  • 髪の毛の不浄を隠すためにつけたもの。長い髪の毛には霊力が宿ると考えられており、新しい家に嫁ぐ際に災いを一緒に持ち込まないようにとされたもの。
  • 元々「角」という言葉には古代の子供の髪型の「あげまき」という結髪をさす意味がある。情勢の結髪が室町後期から安土桃山時代にかけて定着したときに結髪と角の関係も受け継がれたと考えられる。これが現代に受け継がれて角隠しの由来になった説。
  • 角の字には「額(ひたい)の骨」の意味があり、頭部にかぶる白い布が「額を隠す」様子から角隠しと呼ばれたという説。
  • 「角」とは顔の「すみ」のことで、髪の生え際を隠すことから「すみかくし」と呼ばれていたものが角隠しに変わったという説。

角隠しの歴史】
室町後期から安土桃山時代にかけての武家婦人の外出着に、小袖を頭から被って着る「被衣(かづき)」が現れる。これが角隠しの起源となる。次第に、江戸時代の「綿帽子(わたぼうし)」:真綿で作られたもの、「練帽子(ねりぼうし)」:練絹という精練した絹で作られたもの、幕末頃から明治にかけて「揚帽子(あげぼうし)」:今の角隠し、へと変化していった。

角隠しをショッピング検索

角隠しをサイト内検索

角隠しを外部検索