結納 > 書類

親族書

親族書とは、生存している3親等内の親族の名前・続柄・年齢・住所・職業などを記した書類のこと。結納の際に家族書親族書を両家で交換するが、最近は親族書は省略する場合もある。本人から2親等までの親族は家族書に記し、具体的な続柄でいえば、「祖父・祖母・父・母・兄・姉・弟・妹・本人」は家族書になる。

その昔は、親族一同が結婚に賛成しているという証書の代わりにしてが、近年では家族・親族の紹介をしあう意味合いが強い。両親の兄は伯父、姉は伯母、弟は叔父、妹は叔母と記す。

家族書親族書は奉書を奉書紙に墨で書くのが正式だが、白い便箋にペン書きでも構わない。奉書紙の場合は、横長に二つ折りにし、折り目を下にして墨書きし、左、右の順に三つ折りにして上包みをかける。ペン書きの場合は、下から三つ折りにして白い長封筒に入れる。表書きは「家族書」「親族書」と記す。

結納 > 書類
目録  受書  釣書  家族書  身上書  親族書

親族書をショッピング検索

親族書をサイト内検索

親族書を外部検索