結納 > 小道具

袱紗

袱紗(ふくさ)とは、贈り物の上に掛けたり、物を包むために用いられる、絹で作られた小型の風呂敷のようなもの。結婚式においてはご祝儀袋を包むのに用いられる。また、結納では片木盆に載せた受書を交換するときなどに上に掛けて使用される。ご祝儀袋用に、中に台紙が付いているものや袋状になっているものなどもある。慶事の場合、赤、臙脂(えんじ)、紫などの赤系や、淡い色を用いることが多い。紫は弔事も兼用できるので重宝する。

古代・中世の人々は、物を唐櫃(からひつ)に入れて運んでいた。贈り物を相手に渡すときは、唐櫃の蓋を返して、その上に載せて差し出していた。また引出物を頂くときも同様に、唐櫃の蓋に載せていただき、唐櫃に入れて持ち帰っていた。鎌倉時代になって、蓋だけが独立して使われ、「広蓋(ひろふた)」と呼ばれる。広蓋には蒔絵師(まきえし)の手描きによる磨き家紋や装飾が施されるようになる。

蓋が独立してしまうと、贈り物を届ける道中の日よけ、埃除けとして、また、中身が見えてしまうための体裁上として、着物の袂(たもと:袖)を掛けたことが袱紗の起源といわれる。次第に着物の袂ではなく、独立した覆い布を用いるようになり、掛袱紗となる。やがて江戸時代になると布も装飾的で立派なものと変遷していき、元禄時代には現在の袱紗のように裏を付けるようになった。

袱紗をショッピング検索

袱紗をサイト内検索

袱紗を外部検索