披露宴 > その他

華燭の典

華燭の典(かいしょくのてん)とは、華やかな結婚式を祝っていう美称。「華燭(花燭とも書く)」は、「華やかなともしび」との意を表すことから、「婚礼の儀式の席上のともしび」を意味する。中国では樺(かば)の灯火を華燭と言い、途中で消えないので縁起が良いとされ、それが華燭の典の由来とされる。

古くは、漢(後漢)の歴史家で「漢書」の編者でもある「班固(はんこ)」の詩『西宮譜』の中に、「華燭」が「華やかな宴」という意味で使われているのが見られる。また、中国明時代の文語体の短編小説集『剪燈夜話』の中に「華やかな結婚式」を表す言葉として「華燭の会」が使われており、その頃から結婚式の言葉として限定されるようになったと考えられる。また、貴族階級など身分の高い人々の間で、結婚式に一対の絵蝋燭を灯し、結びの盃を挙げた事から「華燭典」という言葉の由来になったとされている。

日本においては、「会津絵ろうそく」が「華燭」と呼ばれる。会津絵ろうそくは、一本一本に菊や藤、牡丹などの草花の絵が色鮮やかに描かれた伝統工芸品で500年の歴史を持つ。江戸時代には最高級品の絵ろうそくとして、参勤交代の度に江戸に持参され、禁裏、公家へ献上したり、諸国大名へ売られたりし、仏事や婚礼などの冠婚葬祭用として使われた。昔は挙式披露宴を家でおこなうことが多く、日が落ちてから大勢の客を招いての祝宴を演出する道具として絵ろうそくが使われ、その華やかな様子を例えて「華燭の典」と呼ばれた。

華燭の典をショッピング検索

華燭の典をサイト内検索

華燭の典を外部検索