和装 > 髪型

綿帽子

綿帽子(わたぼうし)とは、花嫁が和装婚礼衣裳の白無垢を着る際に、文金高島田を結った頭の上にやや深めに被る白い布。髪を結っていてもすっぽりと額ほどまで覆いかぶさる大きさ。袷(あわせ)仕立ての白絹を袋状に仕立てて被れるようにしたもので、角隠しは同じく袷仕立ての長方形の白絹を髪に留めつけられるようにしたもの。暑い季節には涼しげな生地で仕立てたものを用いることもある。

綿帽子角隠しは同様に着用され、格の上下は無いが、綿帽子白無垢のみに着用し、色打掛には用いないのが慣わしである。一方、角隠し色打掛と本振袖に着用するのが正式だが、白無垢にも着用されることもある。よって一般的に、綿帽子挙式の時だけ着用し、披露宴では外す。

綿帽子の歴史は、室町後期から安土桃山時代にかけての武家婦人の外出着として、小袖を頭から被って着られていた「被衣(かづき)」が起源。江戸時代になり、真綿で作られた綿帽子が。若い女性に定着していった。元々は外出する際の埃除けや防寒具として用いられていたものだが、ウエディングドレスベールと同様に「挙式が済むまで、花嫁は新郎以外の人に顔を見られないように」という風習から、婚礼風俗にも取り入られるようになったとされる。その後、練絹という精練した絹で作られた「練帽子(ねりぼうし)」、幕末頃から明治にかけて今の角隠しとなる「揚帽子(あげぼうし)」へと変化していった。

綿帽子をショッピング検索

綿帽子をサイト内検索

綿帽子を外部検索