結納 > 結納品

結納金

結納品の一つで、一般的に新郎側から新婦側へ贈られる金銭のこと。「御帯料(おんおびりょう)」「小袖料(こそでりょう)」「帯地料(おびじりょう)」などと呼ばれる。婿入りの場合は逆に新婦側から新郎側へ贈られ、「御袴料(おんはかまりょう)」と呼ばれる。嫁入りに比べ婿入りの方が額が高めになる場合が多い。

本来は、嫁とりの代償・感謝の意味を込めて、反物や帯地などに酒や肴、縁起物を添えて贈っていた。現在では品物の代わりに金銭を贈るようになり、結婚支度金の意味合いが強くなっている。金額は新郎からの場合、月収の2~3ヶ月分程度と言われ、50万、100万などの区切りのいい額が包まれる。経済的な問題や、地方によってしきたりもあるので、両家で話し合い無理のないように決めるとよい。

新婦側は頂いた結納金のお返しに、「御袴料」として結納返しを行う。金額は地方によって異なり、関西式など全国的には結納金の一割を包むのが一般的。関東式では結納金の半額を包み返すため、半返しとも呼ぶ。また、結納返しの一部を婚約記念品に充てることもある。

結納金をショッピング検索

結納金をサイト内検索

結納金を外部検索