結納 > スタイル

結納返し

結納品のお返しのこと。頂いた結納品に対してのお礼と、これから宜しくお願いしますとの意を込めて相手に返すもの。頂いた結納品と同等か、多少控えめなものを選ぶ。和紙の色は青や緑系の色を用いることが多い。

頂いた結納金の一部は御袴料(おんはかまりょう)や袴地料として返す。金額は地方によって異なり、結納返しを行わない地域もあるため、事前に両家に地方の慣習を確認して調整したほうが良い。関西式など全国的には結納金の一割を包むのが一般的。関東式では結納金の半額を包み返すため、半返しとも呼ぶ。また、酒料・肴料として頂いた金額の半額から同額を包み返す。

結納飾り結納金などの結納返しはまとめて、白木の献上台に載せて取り交わす。本来、結納返しは日を改めて行ったり、荷入れの当日に併せて行うが、現在では結納当日に同時に結納返しをする方が増えている。

最近は結納返しを現金で返すのではなく、時計、スーツや新郎の欲しい物などの品物を返すケースも増えている。婚約指輪を頂いた場合、そのお返しとして結納返しとは別に婚約記念品を贈る。

結納返しをショッピング検索

結納返しをサイト内検索

結納返しを外部検索