結納 > 儀式・しきたり

結納式

結納を取り交わす儀式のこと。二人が結婚の意志を公言し、両家の関係を紡ぐ大切な儀式である。結納式は二人が婚約者として公私共に認められる「婚約式」といえる。挙式の3~6ヶ月前の日柄の良い日の選び、できれば午前中に執り行われる。最近は結納式を行わず、両家顔合わせ食事会などで簡略化するカップルも増えている。

結納式の形式】 1が正式で、下に行くにつれ略式になる。

  1. 双方の家から一人ずつ使者を立て両家を往復し、それぞれに結納品を届ける。もしくは使者の代わりに一組の仲人が両家の家を往復する。
  2. 女性側の家に仲人と男性側が出向いて結納を取り交わす。婿入りの場合は逆に女性側が男性側へ出向く。
  3. 双方が一ヵ所に集まって、そこで取り交わしを行う。場所はホテルや結婚式場、レストランの個室など。披露宴の試食も兼ねた結納式プランなどを設けている会場も多い。

仲人を立てない場合は、仲人の代わりに男性側の父親が進行役を務める。結納式には決まり文句の「口上(こうじょう)」があり、式次第の流れの中で結納品を取り交わして行く。結納の席では口上を述べる以外は、挨拶、雑談、世間話などはしない。

結納式をショッピング検索

結納式をサイト内検索

結納式を外部検索