結納 > 結納品

結納品

結納の際に両家で取り交わされる物品のこと。婚約の証として、嫁取りの代価として、また相手側への挨拶と両家の発展を願って縁起物を贈る。結納品は頂いた後、結婚式まで床の間に飾っておく習慣があることから、結納品のことを結納飾りとも呼ぶ。

結納品の内容や個数、各々の呼称は地域によって異なり、一般的に正式には九品目や七品目など、略式結納は五品目や三品目などと、数が多いほど正式とされ、いづれも奇数で両家同じ数を揃える。各々の結納品にはのしを掛け、鶴亀松竹梅などの縁起物を象った水引飾りを付け、足の付いた白木の献上台に載せて贈られる。関東式では一つの白木台にまとめて並べて、関西式では結納品ごとに白木台を用意する。

代表的な結納品は、長熨斗目録結納金(御袴料・帯地料)・末広友白髪勝男武士寿留女子生婦家内喜多留などがある。

結納品を贈る側は、結納品の内容を記載した目録を添えて渡す。結納品を受け取る側は受領した証として受書を用意し、納める側に渡す。また、結納品と同時に婚約指輪や時計などの婚約記念品家族書および親族書を交換する習慣もある。

結納品は本来、婚姻関係を結ぶ席で共に飲食するための酒肴を贈ったものだったが、次第に花嫁の着物や家財道具、金銭などが加わっていった。現在の結納品結納金に添える縁起物の飾りの意味合いが強い。

結納品をショッピング検索

結納品をサイト内検索

結納品を外部検索