結納 > 書類

目録

目録とは結納品の内容を記したもの。「茂久録」とも書かれる。結納品を贈る側が用意し、結納の際に結納品と一緒に贈られる。一方受け取った側は受領の証として「受書」を返す。目録は薄い白木の板で作られた献上台の片木盆(へぎぼん)に結納品結納金と共に載せて取り交わす。目録結納品を購入した際に付いてくる場合が多く、日付・名前等を記入すれば良いだけになっている。結納に合わせて、家族の名前を記した「家族書」および親族の名前を記した「親族書」を交換する習慣もある。

mone>>

受書

受書(うけしょ)とは結納品を受け取る側が受領した証として用意し、納める側に渡すもの。婚約の印として受け取った結納品の品目を書き、「これこれの結納品を確かに受け取りました」と書き記す。

mone>>

釣書

釣書(つりしょ)は、見合いの時などに取り交わす、身上書親族書を指す。釣り書、釣り書き(つりがき)ともいう。釣書には、身上書(もしくは履歴書と家族書)と親族書を封入し、仲人を介して先方に渡す。白無地の上質封筒を用いて、水引熨斗は付けない。

mone>>

家族書

家族書とは、同じ戸籍(同居中)の家族の氏名、年齢、続柄を記したもの。結納時に両家で交換する。親族書には、家族書以外の三親等内の親族を記載する。最近は家族書だけにしたり、どちらも省略する場合もある。特にお見合い時に釣書を交換している場合はそれで済まされることも多い。ただし、取り交わすなら双方とも同じように用意しなくてはならない。また、家族の現在の状況を記した身上書を添える場合もある。身上書家族書親族書と異なり、決まった形式はなく自由に書いて良い。

mone>>

身上書

身上書とは、結婚を前提とした交際をするときに、相手方に渡す履歴書のようなもの。内容は履歴書に記載する項目に家族の状況を記したもの。特に決まったパターンは無い。家族書親族書がやや事務的なのに対し、身上書は家族の現在の状況を文につづる。白無地の上質紙にボールペンや万年筆書きで良い。釣書に封入し、仲人を介して先方に渡す。見合いの際に相手に渡す「釣り書き」も身上書の一種。

mone>>

親族書

親族書とは、生存している3親等内の親族の名前・続柄・年齢・住所・職業などを記した書類のこと。結納の際に家族書親族書を両家で交換するが、最近は親族書は省略する場合もある。本人から2親等までの親族は家族書に記し、具体的な続柄でいえば、「祖父・祖母・父・母・兄・姉・弟・妹・本人」は家族書になる。

mone>>

[ 戻る ]

結納/書類をショッピング検索

結納/書類をサイト内検索

結納/書類を外部検索