結納 > 儀式・しきたり

結納式

結納を取り交わす儀式のこと。二人が結婚の意志を公言し、両家の関係を紡ぐ大切な儀式である。結納式は二人が婚約者として公私共に認められる「婚約式」といえる。挙式の3~6ヶ月前の日柄の良い日の選び、できれば午前中に執り行われる。最近は結納式を行わず、両家顔合わせ食事会などで簡略化するカップルも増えている。

mone>>

口上

口上(こうじょう)とは、申し立て奉るという意味。結婚での口上といえば、結納の席で仲人や両家の代表が、手順に沿って述べる決まり文句を指す。「幾久しくお受けいたします。」などの独特の言い回しがある。地方によってしきたりが異なる場合があるので、式場や結納品業者に事前に確認しておくとよい。

mone>>

決め酒

結婚の話がまとまると、結納の前の吉日(大安友引の午前中)に結納を決める仮約束をする。仲人または男性の親が酒と寿留女(するめ)を持参して女性の家を訪ね、正式に結婚の承諾を得る。この風習は前祝い的な盃事で、全国的に行われており、決め酒と呼ばれる。地方によって呼び方は異なり、「樽入れ」「たもと酒」「徳利」などと呼ぶ場合もある。寿留女(するめ)の代わりに鯛一尾(地方により雌雄一対の場合も)を持参する地方もある。

mone>>

おさえ末広

おさえ末広とは、結納式の前に仲人が両家の間に入って、末広といった純白の扇子を交換する扇子納めという関西地方の慣習。これは、お見合いなどで双方に結婚の意志がある場合や、恋愛中で結納までに期間がある場合などに、扇子を取り交わして事前に結婚の意志を明らかにするもので、「見合い扇子」とも呼ばれる。

mone>>

一台飾り

一台飾りとは、結納品を各々ひとつの台に載せて飾る形式のこと。結納品ごとに一品一品別の台を用意して飾るためこう呼ばれる。それぞれに台が用意されるので非常に豪勢。儀式の際は、結納品を床の間に飾り付けし、目録のみを渡す。主に関西方面での婚礼に利用される形式。

mone>>

荷入れ

女性側が家財道具などを新居へ運び入れること。飾り付けをしたトラックに婚礼の荷物を載せて挙式2~3週間前の吉日の午前中に行う。単なる「引越し」と言うよりは一生に一度の「儀式」的な意味合いがある。関西地方では「荷入れ・荷出し」、東海では「荷送り」といい、地方によっては「荷物送り」「荷物納め」などともいう。

mone>>

お茶見せ

お茶見せとは、九州地方にて執り行われる、婚約の報告と感謝の意を言葉の代わりに結納品で語る結納披露のこと。福岡ではそれを「お茶見せ」「お茶飲み」「お茶開き」と呼び、結納の2・3日後から1週間前後の日取りで近所や親戚の女性を招き、頂いた結納飾りをお披露目し、仕出料理などでもてなす。熊本では、結納のあとで近所に結納品のお茶を配る「配り茶」という慣習がある。佐賀の農村部では「お茶講」と称する宴を、長崎では案内状を配って披露宴並みの宴会を開くところもある。

mone>>

引出結納

引出結納(ひきでゆいのう)とは、東海地方三河地区や九州地方で行われる結納返しのこと。

mone>>

[ 戻る ]

結納/儀式をショッピング検索

結納/儀式をサイト内検索

結納/儀式を外部検索